others

サーバ運用への道 第2話 仮想サーバのインストールpart3

  • 【朗報】ドワイト・ハワードさん、 …
  • NBAに新たなスター誕生の予感… …
  • 【NBA】“史上最悪のドラフト1 …
  • 【NBA】ウィザーズ八村塁がチー …
  • NBAに辿り着けないアメリカ人の …
  • NBAオールスター2020の投票 …
  • ビンス・カーターがNBA史上初め …
  • 八村塁、鼠径部の負傷後初めてのメ …
  • ジェームズ・ハーデンが今季初のト …
  • 八村塁 鼠径部の負傷後初めての試 …
  • 【唖然】『持ち家派』と『賃貸派』 …
  • 【朗報】喫煙者、4月から死亡 …
  • 俺「ざるそば特盛で」 店員「うち …
  • 【悲報】中田敦彦さん、嘘ばっかり …
  • ワイ「新車、現金一括で払います」 …
  • 中国紙「何で国家機密の空母の写真 …
  • 【悲報】大阪「不発弾の処理代57 …
  • 上司「俺くん、それはメーカーから …
  • 【画像】新宿区の成人式の様子がこ …
  • パソコンをノーガードで13年間使 …

  • 前回の記事「サーバ運用への道 第2話 仮想サーバのインストールpart2」で、ESXiのコンソール画面接続ができないと書きましたが、ESXiの再起動を行えばできるようになりました。こんなことに悩んでいたのがばからしく思えてきますが、再起動も結構面倒です。なにはともあれよかったです。

    さて、問題も解決したので、作成した仮想マシンへOSをインストールします。

    仮想マシンを起動しコンソール画面を開くと、CentOSのインストールが始まります。

    「Install CentOS Linux 7」を選択し、インストールを開始します。しばらくすると、CentOS7のインストール用GUI画面が表示されます。

    ちなみに、コンソール画面の操作は、一度コンソール画面上をクリックして、操作できるようにしてください。

    無事、インストール画面が表示されました。

    CentOSのインストール時に使用する言語を選択します。

    「日本語」を選択し「続行」で次へ進みます。次にインストール前の設定を行います。

    ←このマークがついている項目があると、インストールを進めることができません。今回はインストールするディスクが選択されていないので、「インストール先」をクリックして設定を行います。

     

     

    びっくりマークがついていなければ、インストールを進めることができます。また、ここで設定する内容は、インストールが完了した後でも変更可能ですので、とりあえずそのまま進めます。「インストールの開始」をクリックしてください。

    こちらでインストールが開始されますが、「root」アカウントのパスワードは設定されないままでインストールが完了します。そこで、rootのパスワードを設定します。

    「Rootパスワード」をクリックし、パスワード設定画面へ進みます。

    パスワードを入力し、「完了」ボタンを押してください。ユーザーは後ほど追加するので、現時点では特に設定しません。これで、CentOSのインストールが完了するまで待機です。

    インストールが完了したので、「再起動」ボタンで再起動を行います。

    これで、OSのインストールは完了です!

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    中古パソコン【初売りセール】NEC VersaPro VK25T/X-E 第3世...
    価格:29800円(税込、送料無料) (2017/1/20時点)

  • 日本国から改名できるとしたらどん …
  • 36歳無職3年から"人 …
  • 1人で映画に行ってみたいけどなか …
  • 人と雑談できないマンだがつらい …
  • 【画像】きつねいたぞw …
  • 宅飲みのつまらなさは異常 …
  • 仕事でミスった部下に始末書書かせ …
  • よく考えると納豆って別に朝食に適 …
  • 生きていて別に必要ないもの …
  • 添加物を一切取らない三日間 …