others

サーバ運用への道 第2話 仮想サーバのインストールpart3

  • アレン・アイバーソン、5千万円相 …
  • コービーの思い出でも語ろうや …
  • フランスでNBAレギュラーシーズ …
  • NBAオールスターのスタメン、決 …
  • ドラフト全体1位のザイオン・ウィ …
  • NBAドラフト全体1位ザイオン・ …
  • 八村塁のもとへダルビッシュ有が訪 …
  • 八村塁、復帰は2月以降になる見通 …
  • バスケ部ワイ「やべっ、ファウルし …
  • 今のNBAってバスケ理論の真理を …
  • 【悲報】トイレットペーパーの売り …
  • 【悲報】居酒屋業界、終わる …
  • マスク転売で3800万円儲けた転 …
  • 【悲報】千葉県終了のお知らせ …
  • 韓国法務省の新型コロナ担当者、遺 …
  • 【悲報】加藤厚労相、逝く …
  • 企業「大切な社員にコロナを感染さ …
  • 封鎖から一ヶ月の武漢の最新映像が …
  • 【悲報】派遣死亡のお知らせ …
  • マスクが完売だらけなんだがつけて …

  • 前回の記事「サーバ運用への道 第2話 仮想サーバのインストールpart2」で、ESXiのコンソール画面接続ができないと書きましたが、ESXiの再起動を行えばできるようになりました。こんなことに悩んでいたのがばからしく思えてきますが、再起動も結構面倒です。なにはともあれよかったです。

    さて、問題も解決したので、作成した仮想マシンへOSをインストールします。

    仮想マシンを起動しコンソール画面を開くと、CentOSのインストールが始まります。

    「Install CentOS Linux 7」を選択し、インストールを開始します。しばらくすると、CentOS7のインストール用GUI画面が表示されます。

    ちなみに、コンソール画面の操作は、一度コンソール画面上をクリックして、操作できるようにしてください。

    無事、インストール画面が表示されました。

    CentOSのインストール時に使用する言語を選択します。

    「日本語」を選択し「続行」で次へ進みます。次にインストール前の設定を行います。

    ←このマークがついている項目があると、インストールを進めることができません。今回はインストールするディスクが選択されていないので、「インストール先」をクリックして設定を行います。

     

     

    びっくりマークがついていなければ、インストールを進めることができます。また、ここで設定する内容は、インストールが完了した後でも変更可能ですので、とりあえずそのまま進めます。「インストールの開始」をクリックしてください。

    こちらでインストールが開始されますが、「root」アカウントのパスワードは設定されないままでインストールが完了します。そこで、rootのパスワードを設定します。

    「Rootパスワード」をクリックし、パスワード設定画面へ進みます。

    パスワードを入力し、「完了」ボタンを押してください。ユーザーは後ほど追加するので、現時点では特に設定しません。これで、CentOSのインストールが完了するまで待機です。

    インストールが完了したので、「再起動」ボタンで再起動を行います。

    これで、OSのインストールは完了です!

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    中古パソコン【初売りセール】NEC VersaPro VK25T/X-E 第3世...
    価格:29800円(税込、送料無料) (2017/1/20時点)

  • 台湾医者「新型肺炎は治っても数年 …
  • 痩せてて長髪で女に人気の紅白出場 …
  • 【新コロ】 全国の小中学校・高校 …
  • 【韓国】今日だけで505人追加し …
  • ストーリーのラスボスのダンジョン …
  • 韓国の精神病患者が隔離病棟で外部 …
  • 今からごはん作るからみてて …
  • 先生1「NULL(ナル)はヌルと …
  • 人生ってなんなんだろうなってたま …
  • デーブ・スペクター、相次ぐライブ …