others

サーバ運用への道 第2話 仮想サーバのインストールpart3

  • バスケってロングシュート極めれば …
  • バスケットボール好きな人、どうい …
  • バスケの試合で14-210で負け …
  • スラムダンク「リバウンドを制すも …
  • 怪我・アクシデントに悩まされたN …
  • スポーツ選手A「能力ピークで引退 …
  • スラムダンクが好きな人、ほかにオ …
  • ゴンザガ大6連勝 八村塁は今季最 …
  • 最近バスケットボール見始めたんだ …
  • 楽天がNBAスターのステフィン・ …
  • 年収は?お前ら「500万」「60 …
  • マクドナルドのマックフライポテト …
  • アルビノ日本人女性(25)「髪染 …
  • 23歳で貯金が7600万あるんや …
  • 松屋の新メニューがなんか凄いww …
  • 【閲覧注意】職業別の『既婚率』が …
  • この交通事故すごいな・・・・・・ …
  • ワイ、障害者(女)の性欲を処理す …
  • 上司「出張することになった。飛行 …
  • ワイ「スープカレー?どうせスープ …

  • 前回の記事「サーバ運用への道 第2話 仮想サーバのインストールpart2」で、ESXiのコンソール画面接続ができないと書きましたが、ESXiの再起動を行えばできるようになりました。こんなことに悩んでいたのがばからしく思えてきますが、再起動も結構面倒です。なにはともあれよかったです。

    さて、問題も解決したので、作成した仮想マシンへOSをインストールします。

    仮想マシンを起動しコンソール画面を開くと、CentOSのインストールが始まります。

    「Install CentOS Linux 7」を選択し、インストールを開始します。しばらくすると、CentOS7のインストール用GUI画面が表示されます。

    ちなみに、コンソール画面の操作は、一度コンソール画面上をクリックして、操作できるようにしてください。

    無事、インストール画面が表示されました。

    CentOSのインストール時に使用する言語を選択します。

    「日本語」を選択し「続行」で次へ進みます。次にインストール前の設定を行います。

    ←このマークがついている項目があると、インストールを進めることができません。今回はインストールするディスクが選択されていないので、「インストール先」をクリックして設定を行います。

     

     

    びっくりマークがついていなければ、インストールを進めることができます。また、ここで設定する内容は、インストールが完了した後でも変更可能ですので、とりあえずそのまま進めます。「インストールの開始」をクリックしてください。

    こちらでインストールが開始されますが、「root」アカウントのパスワードは設定されないままでインストールが完了します。そこで、rootのパスワードを設定します。

    「Rootパスワード」をクリックし、パスワード設定画面へ進みます。

    パスワードを入力し、「完了」ボタンを押してください。ユーザーは後ほど追加するので、現時点では特に設定しません。これで、CentOSのインストールが完了するまで待機です。

    インストールが完了したので、「再起動」ボタンで再起動を行います。

    これで、OSのインストールは完了です!

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    中古パソコン【初売りセール】NEC VersaPro VK25T/X-E 第3世...
    価格:29800円(税込、送料無料) (2017/1/20時点)

  • 宇宙や時間はビックバンによって始 …
  • 開発者向けチャットツール「sla …
  • 日本の家、クソ寒い 冬の平均室温 …
  • 今年の政党交付金 自民178億  …
  • 滋賀で都会なところ …
  • 生活苦で郵便局でバイトした山口組 …
  • 【悲報】槇原敬之、もう爺さん …
  • 【喫煙者はタバコ吸いながらアイデ …
  • 「好き」メール女性職員5人に、セ …
  • 辻希美、夫婦で赤ちゃんと外出して …