NBA

【データで語るNBA】最も得点効率がいいプレイヤーは誰なのか?

  • 八村塁、eNBAでドノバン・ミッ …
  • 次のNBA 2Kシリーズって制作 …
  • コービー・ブライアント氏ら9人が …
  • 【悲報】NBAがシーズン中止へ向 …
  • 自宅筋トレする機会が増えたんだが …
  • ベン・シモンズに3Pは必要か話し …
  • NBAの八村塁さん、ゲーム大会に …
  • バスケ漫画の逆転する展開、3Pを …
  • クラッシックゲーム見たけどメロす …
  • 弱小バスケ部にありがちなこと挙げ …
  • 【悲報】医師「北九州ヤバい。コロ …
  • 【画像】日本、世界から馬鹿にされ …
  • 【悲報】武漢+189 …
  • 【悲報】死亡ひき逃げの真理紗さん …
  • 【救世主】 日本のコロナ死亡率の …
  • コロナで「いる」とバレてしまった …
  • 神社専門家「お賽銭を硬貨で出すの …
  • 【悲報】木村花さんの死の原因の加 …
  • 東京、新規感染者14人中9人が感 …
  • 4000億匹バッタ「やべ、この山 …

  • 2016-2017シーズンもオールスターブレイクがもうすぐですね。「データで語るNBAプレイヤー」シリーズとして、NBAの前半戦を振り返っていきたいと思います。

    今回は、「NBAで最も得点効率が良いのは誰なのか?」をテーマにします。

    ※データは2017年1月29日現在のデータを使用しています。

    得点効率とは、「1分間にどれだけ多くの得点を取れるか?」とします。得点効率が良ければ、それだけチームへの得点面での貢献度が高いと言えると思います。得点効率の計算は、勝手に以下のような基準を設けました。

    得点効率=1試合の平均得点÷1試合の平均出場時間

    はたして、平均得点ランキングの上位者が占めるのでしょうか?

    まずは、現在の平均得点ランキングを見てみましょう。

    1位 ラッセル・ウエストブルック 30.8pt
    2位 アイザイア・トーマス 29.1pt
    3位 ジェームス・ハーデン 28.8pt
    4位 デマーカス・カズンズ 28.1pt
    5位 アンソニー・デイビス 28pt
    6位 デマー・デローザン 27.8pt
    7位 ケビン・デュラント 26.3pt
    8位 デイミアン・リラード 26.2pt
    9位 レブロン・ジェームス 25.7pt
    10位 カワイ・レナード 25.4pt

     

    今年のウエストブルックはすごいですね!特筆すべきは、小さな巨人ことアイザイア・トーマスですね。歴代最も小さな得点王が産まれるかもしれません。(これまではアレン・アイバーソン)

    では、上記の計算式で出した1分間あたりの得点ランキングを発表します。

    1位 ラッセル・ウエストブルック 0.887pt
    2位 アイザイア・トーマス 0.850pt
    3位 デマーカス・カズンズ 0.809pt
    4位 ジョエル・エンビート 0.795pt
    5位 ジェームス・ハーデン 0.789pt
    6位 デマー・デローザン 0.785pt
    7位 アンソニー・デイビス 0.779pt
    8位 ケビン・ディラント 0.766pt
    9位 カワイ・レナード 0.755pt
    10位 ステファン・カリー 0.746pt

     

    1位、2位は変わらず、ウエストブルックとアイザイアですね。デマーカス・カズンズが得点効率ではジェームス・ハーデンを上回っているようです。そして、圏外からまくってきた「76ersの希望、ジョエル・エンビート」が4位に食い込みました。エンビートは得点ランクでは32位の20.2ptなのですが、1分換算すると一気にジャンプアップ!現在は、プレイタイムも調整しながらの出場なので、フルパワーで出場したら得点王も夢じゃない!?

    その他は平均得点ランクと大差はなく、レブロンジェームスが15位にダウンするぐらいでしょうか。レブロンは試合序盤はわき役に徹しているので、得点効率は悪くなっているのかも知れないですね。

    そして、惜しくもランクインしなかったですが、11位にルー・ウィリアムスがいます。平均得点ランクは42位の18.2ptですが、得点効率に換算すると、0.745ptとカリーに肉薄しています。レイカーズでの彼の存在価値は、カリーと同等とみてよさそうです。

    それでは、最も得点効率が悪いプレイヤーは誰なのか?平たく言うと、「コートにはいるけれど得点を取らないプレイヤー」です。主力としてプレーする基準として、平均出場時間が20分以上の選手を対象としています。それでは、最も得点効率の悪い3選手の発表です。

    3位 ソロモン・ヒル 0.222pt
    2位 アンドレ・ロバーソン 0.214pt
    1位 アンドリュー・ボーガット 0.132pt

    何と、ワースト1位はマブスのアンドリュー・ボーガットでした。出場時間は22.6分と試合の半分はコートにいるのですが、平均得点は3ptと、10分間にフィールドゴールを1本決めれば良いほうという、得点における貢献度は皆無に近いです。

    また、サンダーのアンドレ・ロバーソンも効率が悪い。まぁ、彼は守備職人ですからね。得点を取ることは期待されていないですから。ちなみに出場30.7分で平均得点が6.6ptです。10分に1回はシュートを決める計算ですね。

    意外なのはペリカンズのソロモン・ヒル。守備職人のイメージもないし、なんでこんなに出場機会を得ているのかと思いきや、ロスターがしょぼすぎるし、けが人もいてまともなラインナップが組めないようです。そりゃ、アンソニー・デイビスに負担かかりまくりになりますわ。

  • 柴咲コウ、中傷脅迫するネットユー …
  • ホリエモン新党について立花孝志が …
  • 竹中平蔵「月5万円のベーシックイ …
  • 【武漢コロナ】武漢+189 …
  • 【悲報】YouTubeで中国共産 …
  • 眉間に刃物を突きつけ「目がいいん …
  • 新手の「俺コロナ」事案が発生 …
  • 日本の新型コロナ支援策 2次補正 …
  • 小池都知事、再出馬 …
  • 「女を、子育てをナメている」 2 …