book

【書籍紹介】19歳 一家四人惨殺犯の告白

  • 【バスケ】男子NCAAトーナメン …
  • 【悲報】ワイ、バスケのアプリにハ …
  • 【NBA】ダーク・ノビツキーが通 …
  • 八村塁 バスケ歴7年 14歳から …
  • バスケ日本代表、W杯予選でうっか …
  • 筋肉をつけたいんだが効率いい食事 …
  • 【ゴルフ】ミシェル・ウィーが婚約 …
  • NBAやNFLは新人から活躍でき …
  • 【NBA】サンダーのウエストブル …
  • 【バスケ】ゴンザガ大の八村塁がジ …
  • タイムカード切って即座に帰るの繰 …
  • 【朗報】俺の家のWiFi、劇的に …
  • ピエール瀧「ワイのコカイン人脈全 …
  • 同期「後輩の奴、こんなところに資 …
  • トヨタで5年くらい働いた結果ww …
  • 【悲報】俺「明日10:00来れる …
  • 職場のフライパン全部洗剤で洗って …
  • セゾン「家を売って下さい!そのお …
  • 嵐の二宮さん、新社会人に社会経験 …
  • 国「収入低い奴は所得税払わんでえ …

  • 犯罪者なんてものは、こんなもんなんだろう。裁判や刑務所内でどれだけ反省や後悔を口にしていても、心の奥底ではそんなことを思っているわけではない。こんな風に育てた親が悪い、環境が悪い、被害者が悪いという「他責」がすべてで、本当の意味での改心などはないのではないかと思う。この書籍を読んで暗澹たる思いを感じると同時に、自分の中である種の納得があったのは、著者である永瀬隼介氏の取材力の賜物ではないか。殺人犯の真実を追うルポに、ノンフィクション作家である永瀬氏の矜持を見た。

    あらすじ

    1992年に千葉県市川市で一家4人を惨殺、強姦し現行犯で逮捕されたのは19歳の少年であった。1審、2審の判決は死刑。最高裁へ上告し刑の確定を待つ凶悪殺人犯は、いったいどんな人間なのか?事件に至るまでの生い立ちは?なぜ、このような凶悪事件を引き起こしてしまったのか?様々な疑問を、著者の永瀬氏は面会と書簡で丹念に追っていく、迫真のノンフィクション。

    レビュー(ネタばれあり)

    なんなんだ、こいつは!?本当に同じ人間なのか!?読中・読後に感じる、犯人「関光彦」への感想である。反省などしていない、後悔なんてこれっぽっちも感じていない、事あるごとに自分以外が悪いと嘯く、最低の人間である。この書籍を読めば、死刑制度の撤廃などということは口が裂けても言えない。それだけ、凶悪殺人犯の本質部分が記載されている書籍である。

    本書は前後半の2部構成となっている。前半は永瀬氏が取材を行い明らかにした関光彦の生い立ちと事件発生~逮捕に至るまでの経緯が記載されている。後半は、永瀬氏が実際に面会、書簡でのやり取りを通じ、関光彦が発した言葉の数々が記載されている。

    前半を読んでいるところでは、この殺人犯に対し強烈な嫌悪感を抱くも、どこかで同情してしまうことがあった。それは、関光彦が送ってきた人生の中では、「こうなっても仕方がない」というような出来事が多数発生しているからである。虐待、いじめ、夜逃げ、、、関光彦は、おおよそ思いつく不幸な出来事を経験している。

    そして、後半である。関光彦本人の言葉を読み進めるにつれて、同情なんて感情は一切消えうせる。この期に及んで、犯罪を犯したということについて、どこかで正当化するような言葉の数々は強烈な嫌悪感となる。自分が起こした事であるにもかかわらず、当事者意識が欠如しており、どこまで行っても他責なのである。さらに、感情的になるポイントがズレ過ぎている。こいつは、本当にモンスターだ。こんな人間に反省を求めても意味がない。関光彦に対し、そんな感情を抱いていく。

    凶悪犯罪者を題材にしたルポは取材者側が犯罪者側に寄り過ぎてしまい、犯罪者を擁護するような展開になることがある。やれ「この凶悪犯は社会が作った」だの、「事件を未然に防ぐことができた」だのと、事件のルポの本質とはかけ離れた内容になることが多い。本書を読む前は、そんな内容なのかと思っていた。しかし、違った。永瀬氏は自分の「考え」を本書の中でほとんど記載していない。取材して明らかになった事、関光彦とコミュニケーションをとり本人が発信した言葉が本書を構成している。

    では、書籍の帯などに記載されている「凶悪殺人犯の闇」とは何だったのか?本書からはその闇が読み取れない。永瀬氏が闇を暴くまでに至らなかったのか?それとも、そもそも闇などなく、ただの不良が「たまたま」殺人を犯し逮捕され死刑が言い渡されたのか?どちらにせよ、それは本人にしかわからないことである。そんなことを言ってしまうと本書を読む意義がないと思われるかもしれない。しかし、世の中には自分の理解の範疇を超えるモンスターがいるということを理解しただけでも、大きな収穫であると思う。自分の周りの人間がモンスターにならないように、モンスターと交わらないように行動することができるようになるから。

     

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    中古パソコン【初売りセール】NEC VersaPro VK25T/X-E 第3世...
    価格:29800円(税込、送料無料) (2017/1/20時点)

  • 森昌子(60)が引退を表明。中三 …
  • 【インドネシア】日本が全面支援す …
  • ハマると面白いオカルト・都市伝説 …
  • 26歳時年収340万円→転職→3 …
  • 世田谷事件とかいうクッソ怖い事件 …
  • なぜか中国人が、桜の花を愛し始め …
  • 太陽光発電、年間2.4兆円の国民 …
  • サムスン、営業益6兆円超え 18 …
  • キーエンスの平均年収2000万← …
  • ホテル宿泊したんだが納得いかない …