book

【書籍紹介】アンダーカバー 秘密調査

  • 八村塁、eNBAでドノバン・ミッ …
  • 次のNBA 2Kシリーズって制作 …
  • コービー・ブライアント氏ら9人が …
  • 【悲報】NBAがシーズン中止へ向 …
  • 自宅筋トレする機会が増えたんだが …
  • ベン・シモンズに3Pは必要か話し …
  • NBAの八村塁さん、ゲーム大会に …
  • バスケ漫画の逆転する展開、3Pを …
  • クラッシックゲーム見たけどメロす …
  • 弱小バスケ部にありがちなこと挙げ …
  • 【悲報】「#室井佑月のテレビ出演 …
  • 【朗報】コロナで嫌いになった人ラ …
  • 【悲報】青葉、京アニに作品すら読 …
  • 【衝撃】ウーバー配達員俺氏が本日 …
  • 【悲報】タバコ屋の店主「皆さんの …
  • 青葉真司、逆転満塁サヨナラホーム …
  • 【悲報】黒人「犬にリードつけた方 …
  • 中小企業支援金、予想通り「あの企 …
  • 【悲報】学生に20万円 受け取り …
  • 【悲報】医師「北九州ヤバい。コロ …

  • [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    アンダーカバー 秘密調査 (小学館文庫) [ 真保 裕一 ]
    価格:842円(税込、送料無料) (2017/6/9時点)

     

    非常に読み応えのある大作である。文庫の分厚さに気圧されながらも購入した本書は、そのページ数に相応しい内容であった。物語の終盤には続きが気になり、先を読み進める手が止まらなくなる。重厚なストーリーが最終局面に一つになる、ある種のカタルシスを味わえる良作である。

    あらすじ

    時代の寵児となったITベンチャーの社長である戸鹿野智貴は、旅行先のフィリピンで麻薬所持の容疑で逮捕される。身に覚えのない罪で刑務所に入ることになった戸鹿野は、自力で事件の首謀者を探し出すことを決意する。いったい誰が、何のために自分を嵌めたのか。独自の調査をする中で、自分が置かれていた状況が世界規模の謀略だと知る。戸鹿野は真相を暴くことができるのか。

    レビュー

    500ページ弱の大作である。それだけで、物語の筋が複雑であるということがうかがい知れる。実際に、読み始めた当初は登場人物と時系列での出来事の整理、物語の大筋がわかりづらく、非常に難解な印象があった。それは、ストーリーの大筋が3つあることが要因であると感じる。

    一つ目は主人公である戸鹿野を主観としたストーリー。二つ目はユーロポールというヨーロッパの警察機構を舞台としたストーリー。3つ目は戸鹿野を追う記者を中心としたストーリー。これら三つが複雑に絡み合いながらストーリーが進んでいく。読み進めていたストーリーが途中で分断され、いきなり全く違う世界に飛ばされるので、非常に難読であった。

    ただ、この三つのストーリーが最終的には一つにつながるという想像は、容易に可能である。では、それがどのようにつながっていくのか、という興味が、難読な展開を読み進めさせることとなる。結果的に、しっかりと3つのストーリーがつながり、最終的な結末を迎えることとなるので、そのあたりは安心して読み進めて良いだろう。

    内容はというと、とても非現実的なものである。なぜ、ITベンチャーの社長である戸鹿野が、独自の調査で世界の暗部にたどりつくことができるのか。裏社会が糸を引くという状況をみて、これ以上の追跡をすることが可能か。非常に非現実的な展開であることは間違いない。だが、これでいいのだ。小説というものは、現実的でなければならないなんて誰が決めたのか?空想の世界に浸り主人公の活躍に心躍ることが、エンターテイメントの醍醐味ではないだろうか。

    そうなのである。この書籍は、圧倒的にエンターテイメントなのである。ハリウッド映画にも負けない大げさな展開が待ち受けているのである。私はこの書籍を映画を見るような感覚で読み進めていた。頭の中で視覚的イメージを再現しながら、ストーリーを進めていくことができる。

    最後まで読み進めることができれば、非常に楽しい作品であると思う。しかし、冒頭の難解な展開を乗り越えられるかどうかが、大きなポイントである。それだけに、もう少しコンパクトな小説であったほうが万人受けするものとなっていたと思う。ただ、この難解な展開こそが著者である真保氏の意地のようにも感じるが。

     

     

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    中古パソコン【初売りセール】NEC VersaPro VK25T/X-E 第3世...
    価格:29800円(税込、送料無料) (2017/1/20時点)

  • 団塊の世代、氷河期世代、ゆとり世 …
  • インドネシア「日本よ、やっぱり高 …
  • 北朝鮮「中国を全面的に支持!香港 …
  • 水をはじいて油だけを吸収するスポ …
  • 【脳科学】ストレスは脳のどこに住 …
  • ワシントンD.C.のD.C.の意 …
  • 信濃毎日「自衛隊の宇宙作戦隊は危 …
  • イギリス、「国家安全法」撤回しな …
  • 米大学「発症前のPCR検査は偽陰 …
  • 背中にマグロの刺身入れてるんだが …