NBA

【NBA】2017-2018シーズン戦力分析 ホークス編

  • バスケってゴールの位置五メートル …
  • アディダスのスニーカーに自信ニキ …
  • 結局スラムダンク超えるスポーツ漫 …
  • アメリカのGoogleで海外で活 …
  • 【Bリーグ】レバンガ折茂、来季現 …
  • 高校バスケの最優秀選手が年齢詐称 …
  • レブロンジェームズさんのブザービ …
  • ロケッツがウォリアーズに勝利し対 …
  • キャブスがNBAファイナル行けな …
  • NBAにわかなんやけどコービーっ …
  • 【画像】このステーキ丼にいくら出 …
  • 【悲報】スラムダンクの作者、劣化 …
  • ワイ、 回転寿司でとんでもないサ …
  • 保育士女「しんどい」 俺「いくら …
  • 車買ってもーたけど、維持費やべー …
  • 彼女がフィリピン人なんやが偏見凄 …
  • これがガチ上級国民の車だwwww …
  • 「武蔵小杉のタワマンなんて買わな …
  • 世界最強の生物『ラーテル』のスペ …
  • 土方をやって気付いた事wwwww …

  • 戦力分析:アトランタ・ホークス

    近年、主力の流出が相次ぎ、ロスターが変動し続けているホークス。それでも、プレーオフに毎年のように進出しているのは、特定のエースプレイヤーに頼ったチーム戦術ではなく、チームバスケットを徹底しているからでしょう。しかしながら、2015プレイオフ以来、カンファレンスファイナルまでたどり着けていないホークスの、2017-2018シーズンはどうでしょうか?

    ロスター:スターター

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG D・シュルーダー 0.31 -2.76 -2.45 $15,500,000
    SG M・ベリネリ 0.67 -1.87 -1.2 $6,060,606
    SF K・ベイズモア -0.69 -0.5 -1.19 $16,910,113
    PF E・イリヤソバ 0.98 0.74 1.72 $6,000,000
    C D・デッドモン -1.63 3.94 2.31 $6,000,000
    スターター -0.07 -0.09 -0.16 $50,470,719

    ↑右スライド出来ます。

    ホークスは近年、エースプレイヤーを中心としたチーム作りではなく、全員バスケットで結果を残してきたチームです。2017-2018シーズンのロスターを見ても、エースと言えるプレイヤーはいません。現在のリーグを見回しても、唯一と言っていいでしょう。そんなホークスのORPMは全体で22位と下位に沈んでいます。原因は、プレイメーカー(D・シュルーダー)の力量不足でしょう。

    D・シュルーダーはプレイメーカーというよりは、スコアラーです。M・ベリネリとK・ベイズモアはシュータータイプでコーナーで待ち構えキャッチアンドシュートを狙います。E・イリヤソバは、アウトサイドシュートも打てますが、インサイドでのプレーを好みます。D・デッドモンはゴール下とディフェンスという限定的な選手です。

    このように記載すると、非常にバランスが悪いことが見えてきました。D・シュルーダーがペネトレイトからパスを捌ける選手であれば、ディフェンスのギャップを作ることができますが、D・シュルーダーはシュートファーストな選手です。アウトサイドも得意ではないので、E・イリヤソバ、D・デッドモンとプレーエリアが被ります。そして、アウトサイドに構えるM・ベリネリとK・ベイズモアには、キックアウトパスが供給できず待ちぼうけとなってしまいます。しかも、以前の記事(【データで語るNBA】ターンオーバー王は誰だ!?)で書きましたが、D・シュルーダーはPGの選手の中で3番目にターンオーバーの多い選手です。強引にシュートを狙いに行った結果ターンオーバーでボールを奪われる。パスも精度が悪くカットされる。という場面が多く見られました。つまり、2017-2018シーズンのホークスは、D・シュルーダーのPGとしてのステップアップが最重要事項という事です。

    オフェンスには期待できないホークスですが、ディフェンスはどうでしょうか?DRPMは全体21位とこちらも下位にランクイン。インサイドのディフェンスはD・デッドモンが安定感をもたらすでしょう。E・イリヤソバもいますので、ディフェンスリバウンドは相手より優位に立てそうです。しかし、インサイドの二人は身体能力が高いわけではないので、K・ポルジンギスのようなアウトサイドシュートも打てる相手には苦戦しそうです。

    平面のディフェンスはどうかというと、バックコートの二人はディフェンスに大きな課題を抱えています。D・シュルーダーは運動能力は高いですが、ディフェンスがギャンブルとなることが多く、失敗するとそのまま失点というリスクが高い選手です。M・ベリネリはフットワークが重く、エースクラスが多いSGのポジションではディフェンスできないでしょう。K・ベイズモアはエースストッパーとなりえる選手ですが、サイズのミスマッチは発生します。

    このように、あまりいいところのないホークスですが、RPMは全体23位という事で、しょうがないような気もします。現状のスターターではプレイオフ進出も危うい状態です。

    それではセカンドユニットも見てみましょう。

    ロスター:セカンドユニット

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG M・ディレイニー -2.64 -0.25 -2.89 $2,500,000
    SG T・プリンス -3.7 2.47 -1.23 $2,422,560
    SF L・バビット -0.64 1.24 0.60 $1,471,382
    PF M・マスカラ -0.02 -0.36 -0.38 $5,000,000
    C M・プラムリー -2.79 0.52 -2.27 $12,500,000
    2ndユニット -1.96 0.72 -1.23 $23,893,942

    ↑右スライド出来ます。

    セカンドユニットの中で期待したい選手は、M・ディレイニーとT・プリンスです。M・ディレイニーはユーロリーグなどでプレイし30手前でNBA入りを果たした苦労人ですが、ユーロリーグのMVPを獲得するなど経験は豊富です。2016-2017シーズンは1試合3分の出場にとどまりましたが、8得点を記録しています。NBAへの適応ができればセカンドユニットの中心となれるかもしれません。

    T・プリンスは2年目の選手ですが、2017プレーオフでは全試合をスターターとして出場し平均10得点以上を記録した期待の若手です。彼がM・ベリネリからスターターの座を奪うような活躍ができれば、ホークスのチーム力がぐっと上がります。屈強な体格を持ち味にゴールへダイブする選手で、2017プレイオフではFG%が5割を超えていました。アウトサイドに課題がありますが、今後の成長も含めて期待の持てる選手です。

    セカンドユニットのORPMは全体の28位となっていますが、DRPMは4位なんです。しかも、DRPMはスターター平均より高い数値ですので、セカンドユニットで相手より優位に立つという事もあり得ます。RPMは全体14位となっています。先に挙げた二人の活躍とL・バビット、M・マスカラ、M・プラムリーのディフェンスへの献身が、チームを向上させることになると思います。

    最後にその他のロスターも見てみましょう。

    ロスター:その他

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    SG D・ベンブリー -2.72 -0.67 -3.39 $1,567,200
    SG T・ドーシー $815,615
    SF N・ブルッシーノ -2.42 -1.82 -4.24 $1,312,611
    PF J・コリンズ $1,936,920

    ↑右スライド出来ます。

    チーム全体

    ORPM DRPM RPM Salary
    -1.27 0.06 -1.22 $79,997,007

    ↑右スライド出来ます。

    チーム全体のORPMは28位、DRPMは16位、RPMは23位というランクとなりました。2017-2018シーズンのホークスは、現状のままではプレイオフ進出が怪しいです。D・シュルーダーのステップアップが最も効果的な対策となりますが、我の強いD・シュルーダーがプレイスタイルを変えることができるのか?という事は疑問があります。

    しかし、ホークスは現状でチームサラリーに空きがあるんです。という事は、選手補強に対する余裕があるので、シーズンが始まるまでに、もしくはシーズン中に大型補強が行われるかもしれません。ブルズとの契約をバイアウトする可能性のあるD・ウェイドなんかが、ひょっこりとホークスに移籍しているなんてこともあり得るかも。

    ただ、現状では非常に厳しい状況であるのは間違いありません。大掛かりな補強をするのか、それともこのままチーム再建に入っていくのか、2017-2018シーズンのホークスは、フロントの手腕に注目です。

     

    チーム一覧ページはこちら↓

    【NBA】2017-2018シーズン戦力分析

  • 日本(2次元)の人口ピラミッドワ …
  • 万引きの逆をやったらどうなるの? …
  • お前らいつも見てるルパン三世が素 …
  • 37歳の上司が脳梗塞で倒れた …
  • 150年前の女子中学生wuwuw …
  • やりすぎ都市伝説の関暁夫って …
  • ”量子コンピューターに匹敵” 新 …
  • 【画像】大学のトイレにタヌキいた …
  • 【これは酷い・・・】 それではこ …
  • 【画像】日本最高峰の超高級住宅街 …