NBA

【NBA】2017-2018シーズン戦力分析 ペイサーズ編

  • 今のNBAを席巻してるのがヨーロ …
  • ドラフト1位の大物新人ザイオン、 …
  • 【朗報】ドワイト・ハワードさん、 …
  • NBAに新たなスター誕生の予感… …
  • 【NBA】“史上最悪のドラフト1 …
  • 【NBA】ウィザーズ八村塁がチー …
  • NBAに辿り着けないアメリカ人の …
  • NBAオールスター2020の投票 …
  • ビンス・カーターがNBA史上初め …
  • 八村塁、鼠径部の負傷後初めてのメ …
  • 朝日新聞、水族館の「生きた化石」 …
  • ダスキンにトイレと風呂場掃除して …
  • いきなりステーキ、全社員がいきな …
  • 中学の先生「お前バカだから水産高 …
  • 世田谷一家殺害事件、ついに・・・ …
  • ト◯タの工場に出入りするドライバ …
  • 【悲報】アメリカ人、チップを払わ …
  • 【悲報】オイルヒーターを一ヶ月使 …
  • 税務署から副業の所得漏れがあるっ …
  • 【唖然】『持ち家派』と『賃貸派』 …

  • 戦力分析:インディアナ・ペイサーズ

    NBAの日本での配信を楽天が独占契約しましたね。何かとNBA周りで変化の大きい2017シーズンも、もうすぐ開幕です。開幕までに全チームの戦力分析は間に合うのか!?善処します。。。

    今回は、ペイサーズの戦力分析です。これまで、絶対エースとしてチームの中心であったP・ジョージがサンダーへ移籍し、再建モードへ突入する気配のするペイサーズ。2017-2018シーズンは如何に!?

    ロスター:スターター

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG D・コリソン 1.06 -1.47 -0.41 $10,000,000
    SG B・ボグダノビッチ -0.46 -3.42 -3.88 $10,500,000
    SF V・オラディポ 0.10 1.56 1.66 $21,000,000
    PF T・ヤング -1.09 1.94 0.85 $14,996,348
    C M・ターナー 0.09 2.57 2.66 $2,569,920
    スターター -0.06 0.24 0.18 $59,066,268

    ↑右スライド出来ます。

    P・ジョージの移籍は、ペイサーズにとって大きな影響を及ぼしました。攻守の中心人物だっただけに、彼の移籍によるチーム力低下は避けられません。また、P・ジョージの穴をV・オラディポが埋める形となりますが、やはり物足りないです。特にオフェンスでの貢献については、P・ジョージと比べ物にならないくらいです。V・オラディポは運動能力の高い選手ですが、自らオフェンスをクリエイトできる選手ではありません。さらに、その選手に対して2100万ドルはいかがなものかとも思います。

    2017-2018シーズンのチームの中心は、T・ヤングとM・ターナーのインサイドコンビでしょう。T・ヤングは、サイズこそ恵まれてはいないですが、ペイントエリアを主戦場に多彩なムーブでポイントを取れる選手です。また、リバウンドにも積極果敢に飛び込み、二桁近い平均リバウンドを取れます。アウトサイドのシュートはありませんが、オールドスタイルなPFとして、チームの屋台骨を支えることとなるでしょう。

    M・ターナーは若手ではありますが、平均15得点10リバウンドを記録できるポテンシャルを秘めている選手です。機動力もあり、シュートエリアもミドルエリアまでは高確率です。これまでは、P・ジョージの陰に隠れていましたが、2017-2018シーズンは脚光をあびるシーズンとなるでしょう。このコンビによるインサイドディフェンスは、リーグでも屈指の強固さを誇ります。やはり、課題としては、オフェンスでの働きですね。P・ジョージのおこぼれで得点できていた感も否めませんので、チームの中心となるシーズンでオフェンスのステップアップができるか?注目ポイントです。

    そのインサイドコンビを操るPGは、D・コリソンとなるわけですが、力不足ではあります。バックアップPGとしては優秀ですが、スターターとしては・・・という評価がもっぱらです。スタッツ的には平均二桁得点を記録していますが、アシストは5以下となっています。ペイサーズのチーム状況としては、オフェンスを組み立てるプレイヤーが居なければすぐに手詰まりとなってしまいそうです。これまでは、P・ジョージがいたので困ったときの頼みの綱がありましたが、2017-2018シーズンはそれがありません。

    スターターのORPMは全体21位、DRPMは全体16位、RPMは全体20位と数値的にも奮いません。このままではプレイオフ進出もかなり難しいと言わざるを得ません。それでは、セカンドユニットはどうでしょうか?

    ロスター:セカンドユニット

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG C・ジョセフ -0.50 -1.94 -2.44 $7,630,000
    SG G・ロビンソンⅢ -1.25 -0.67 -1.92 $1,524,305
    SF L・スティーブンソン $4,180,000
    PF D・サボニス -3.90 1.86 -2.04 $2,550,000
    C A・ジェファーソン -1.00 -0.45 -1.45 $9,769,821
    2ndユニット -1.67 -0.30 -1.97 $25,654,126

    ↑右スライド出来ます。

    セカンドユニットのメンバーで安定的な活躍が期待できる選手がいないので、非常に厳しい状況です。A・ジェファーソンは高齢でインサイド限定の選手ですし、L・スティーブンソンは波の激しい選手です。C・ジョセフのペネトレイトは有効でしょうが、ディフェンスでミスマッチとなってしまいます。G・ロビンソンは運動能力だけの選手ですし、D・サボニスはサンダー時代もゲームの決まった終盤しか出場できていない選手です。

    圧倒的な選手層の薄さは深刻で、スターターに頼り切りなシーズンとなりそうです。セカンドユニットのORPMは全体21位、DRPMは全体19位、RPMは全体26位となっており、オフェンス・ディフェンス共に相手チームに太刀打ちできそうもありません。

    ペイサーズの2017-2018シーズンは、再建開始の年となるのではないでしょうか。勝利を度外視し、サラリーを削りながら、次のフランチャイズプレイヤーを探すシーズンとなりそうです。

    ロスター:その他

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG J・ヤング -2.64 -1.42 -4.06 $1,471,382
    SG D・ウィルキンス $1,471,382
    PF TJ・リーフ $2,028,360
    C I・アニボグ $950,000

    ↑右スライド出来ます。

    チーム全体

    ORPM DRPM RPM Salary
    -0.96 -0.14 -1.10 $90,641,518

    ↑右スライド出来ます。

    まさしく絶望的な戦力です。チーム全体のORPMは23位、DRPMは21位、RPMは22位と、いずれも下位に沈んでいます。P・ジョージの流出は、ペイサーズにチーム再建の舵を切らせたという事ですね。2017-2018シーズンのペイサーズは、プレイオフ進出も絶望的な状況となっています。

    とはいえ、M・ターナーという将来有望なビッグマンを擁しているという事が、ペイサーズにとって一縷の望みとなっているのは事実です。A・デイビスのような機動力のあるインサイドプレイヤーに成長する可能性を秘めているプレイヤーですので、今後のペイサーズはM・ターナーをフランチャイズプレイヤーに据えチームを創っていくことになるでしょう。

    いずれにせよ、2017-2018シーズンについて期待することはやめたほうがよさそうです。ただ、3~5年後に再度強豪として復活してくる予感はします。

     

    チーム一覧ページはこちら↓

    【NBA】2017-2018シーズン戦力分析

  • 徳島の88歳男が卵1パック盗んで …
  • まるで「ラピュタ」の世界だ… …
  • 【いつもの】「次の首相は?」石破 …
  • ゴーン「仕事を失うのが怖かった」 …
  • センター受験生「試験問題わかんな …
  • 【飛行】鳥のように飛べる飛行機、 …
  • ミシュラン三つ星を55年間守った …
  • 生徒「微分とかはっきり言って使わ …
  • クレーマー大国ニッポン コンビニ …
  • ゲームを時系列順にプレイするのが …