NBA

【NBA】2017-2018シーズン戦力分析 ブレイザーズ編

  • バスケってロングシュート極めれば …
  • バスケットボール好きな人、どうい …
  • バスケの試合で14-210で負け …
  • スラムダンク「リバウンドを制すも …
  • 怪我・アクシデントに悩まされたN …
  • スポーツ選手A「能力ピークで引退 …
  • スラムダンクが好きな人、ほかにオ …
  • ゴンザガ大6連勝 八村塁は今季最 …
  • 最近バスケットボール見始めたんだ …
  • 楽天がNBAスターのステフィン・ …
  • 年収は?お前ら「500万」「60 …
  • マクドナルドのマックフライポテト …
  • アルビノ日本人女性(25)「髪染 …
  • 23歳で貯金が7600万あるんや …
  • 松屋の新メニューがなんか凄いww …
  • 【閲覧注意】職業別の『既婚率』が …
  • この交通事故すごいな・・・・・・ …
  • ワイ、障害者(女)の性欲を処理す …
  • 上司「出張することになった。飛行 …
  • ワイ「スープカレー?どうせスープ …

  • 戦力分析:ポートランド・トレイルブレイザーズ

    リラード&マッカラム体制となってから、何気に毎年プレイオフに進出しているブレイザーズ。安定した成績を残せている状況ではありますが、カンファレンスファイナルまで進出したことはありません。そろそろ、NBA制覇を実現したいD・リラード擁する2017-2018シーズンは如何に?

    ロスター:スターター

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG D・リラード 4.63 -1.49 3.14 $26,153,057
    SG CJ・マッカラム 3.01 -1.87 1.14 $23,962,573
    SF A・アミヌ -1.86 3.13 1.27 $7,319,035
    PF M・レナード -1.50 0.26 -1.24 $9,904,495
    C J・ヌルキッチ -2.11 2.73 0.62 $2,947,305
    スターター 0.43 0.55 0.99 $70,286,465

    ↑右スライド出来ます。

    2016-2017シーズンから大きな戦力変化はありません。2017-2018シーズンもやはり、リラード&マッカラムのバックコートコンビを軸に試合を進めていくスタイルです。D・リラードもCJ・マッカラムも、オフェンスについては文句のつけようがありません。D・リラードは、アウトサイド、ペネトレイト、アシスト共に高水準であり、何よりもNBA屈指のクラッチプレイヤーです。CJ・マッカラムも同じく、アウトサイド、ペネトレイト、1on1と得点するためのスキルはNBAトップクラス。それは個人のORPMが示しています。

    しかし、問題はディフェンス面です。両選手ともに、ディフェンスを苦手としています。特に気になる問題として、スクリーンに対する対処が良くありません。平面での1on1であれば、そこまで遅れをとることはありませんが、ピックアンドロールなどへの対応には課題があります。チームディフェンスに対応することができていないので、気が付くと二人のマークマンがオープンになっているという事も良くあります。この辺りが、NBA制覇への課題ですね。

    ディフェンスの弱いバックコートに対し、フロントコートはディフェンシブなプレイヤーが揃っています。特にA・アミヌのディフェンスへの献身は素晴らしく、リラード&マッカラムのディフェンス難を補って余りある貢献をしています。A・アミヌは、高い運動能力とウイングスパンでPG~PFまでをストップすることのできるディフェンダーです。オフェンスではキャッチアンドシュートが主体で、ウイングに張っているスタイルですが、リラードとマッカラムがいるので、バランスが取れます。

    インサイドには、若手の二人をあえてスターターとして起用しました。M・レナードは216cmという高身長でありながらストレッチ4としてアウトサイドシュートも打てます。J・ヌルキッチは出場時間に恵まれていませんでしたが、20ポイント20リバウンドを記録できるポテンシャルを秘めています。これからの成長が見込めるプレイヤーですので、二人の成長次第でチームの順位が向上することもあり得ます。ただ、機動力の高い二人ではないのが気になるところ。ブレイザーズのオフェンスはアップテンポではないので十分ついていけますが、例えばウォーリアーズのような展開の早いオフェンスをするチームへの対応が間に合うか?ここは大きな課題です。

    スターターのORPMは全体15位、DRPMは全体12位、RPMは全体16位にランクしています。しかし、この順位以上にD・リラードという脅威がシーズン終盤に力を発揮する事でしょう。スターターのバランスはとても良いチームですが、セカンドユニットはどうでしょうか?

    ロスター:セカンドユニット

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG S・ネイピアー -0.12 -1.39 -1.51 $2,361,360
    SG E・ターナー -3.04 0.15 -2.89 $17,131,148
    SF M・ハークレス 0.38 0.49 0.87 $10,162,922
    PF E・デイビス -2.96 -0.06 -3.02 $6,352,531
    C N・ボンレイ -4.02 1.03 -2.99 $3,505,233
    2ndユニット -1.95 0.04 -1.91 $39,513,194

    ↑右スライド出来ます。

    セカンドユニットはディフェンシブな選手が揃っています。というか、ブレイザーズというチームは、D・リラードとCJ・マッカラム以外はディフェンシブな選手です。ディフェンスにおいては相手チームよりも優位に立つことが可能で、セカンドユニットのDRPMは全体10位です。その代わりに、オフェンスの軸が居ません。

    6thマンとしての役割を期待されるE・ターナーとM・ハークレスは、エースの陰に隠れながらのほうが輝くタイプの選手です。E・デイビスとN・ボンレイは、インサイドでのディフェンス、リバウンドが主戦場の選手。S・ネイピアーは安定感に欠けるPGで、サイズにも不安があります。

    セカンドユニットの役割を「相手に引き離されない事」という形に絞り、ディフェンスを徹底した戦い方ができれば、何とか食らいついていくことはできそうです。その代わり、D・リラードとCJ・マッカラムのオフェンスに関する負担は重くなっていきますが。

    ロスター:その他

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    SG P・コノートン -1.28 -0.79 -2.07 $1,471,382
    SF J・レイマン -2.99 -0.03 -3.02 $3,057,240
    PF C・スワニガン $1,465,920
    C Z・コリンズ $3,057,240

    ↑右スライド出来ます。

    チーム全体

    ORPM DRPM RPM Salary
    -0.96 -0.14 -1.10 $90,641,518

    ↑右スライド出来ます。

    選手層が薄いわけではありませんが、ロールプレイヤーが多くやはり、D・リラードとCJ・マッカラム以外のインパクトは弱いですね。この辺りが、プレイオフ進出はできても、勝ち進めない要因なのではないかと思います。だからこそ、若手のM・レナードとJ・ヌルキッチの成長がポイントになります。

    現状でチームのORPMは全体25位、DRPMは13位、RPMは21位となっています。これは、リラード&マッカラム以外のプライヤーがオフェンスで貢献できていないことの証です。ウエスタンカンファレンスのチームはスタープレイヤーが揃っている強豪ばかりなので、2017-2018シーズンのプレイオフ進出は当落線上にいます。リラード&マッカラム頼りでは、プレイオフ進出は厳しいでしょう。

    2017-2018シーズンは若手インサイドプレイヤーの成長を見守っていきましょう。

     

    チーム一覧ページはこちら↓

    【NBA】2017-2018シーズン戦力分析

  • 宇宙や時間はビックバンによって始 …
  • 開発者向けチャットツール「sla …
  • 日本の家、クソ寒い 冬の平均室温 …
  • 今年の政党交付金 自民178億  …
  • 滋賀で都会なところ …
  • 生活苦で郵便局でバイトした山口組 …
  • 【悲報】槇原敬之、もう爺さん …
  • 【喫煙者はタバコ吸いながらアイデ …
  • 「好き」メール女性職員5人に、セ …
  • 辻希美、夫婦で赤ちゃんと外出して …