NBA

【NBA】2017-2018シーズン戦力分析 ブルズ編

  • 八村塁、eNBAでドノバン・ミッ …
  • 次のNBA 2Kシリーズって制作 …
  • コービー・ブライアント氏ら9人が …
  • 【悲報】NBAがシーズン中止へ向 …
  • 自宅筋トレする機会が増えたんだが …
  • ベン・シモンズに3Pは必要か話し …
  • NBAの八村塁さん、ゲーム大会に …
  • バスケ漫画の逆転する展開、3Pを …
  • クラッシックゲーム見たけどメロす …
  • 弱小バスケ部にありがちなこと挙げ …
  • 【悲報】医師「北九州ヤバい。コロ …
  • 【画像】日本、世界から馬鹿にされ …
  • 【悲報】武漢+189 …
  • 【悲報】死亡ひき逃げの真理紗さん …
  • 【救世主】 日本のコロナ死亡率の …
  • コロナで「いる」とバレてしまった …
  • 神社専門家「お賽銭を硬貨で出すの …
  • 【悲報】木村花さんの死の原因の加 …
  • 東京、新規感染者14人中9人が感 …
  • 4000億匹バッタ「やべ、この山 …

  • 戦力分析:シカゴ・ブルズ

    2017-2018シーズンはブルズファンにとって最悪のシーズンとなるかもしれません。エースであるJ・バトラーが移籍し、D・ウェイドもキャバリアーズへと旅立ちました。まさにチーム再建へと舵を切ったチームです。それではロスターを見ていきましょう。

    ロスター:スターター

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG J・グラント 0.50 1.07 1.57 $1,713,840
    SG J・ホリデー -0.58 0.25 -0.33 $4,615,385
    SF N・ミロティッチ 0.92 1.31 2.23 $12,500,000
    PF B・ポーティス -1.94 -0.50 -2.44 $1,516,320
    C R・ロペス -2.07 0.63 -1.44 $13,788,500
    スターター -0.63 0.55 -0.08 $34,134,045

    ↑右スライド出来ます。

    まず、チーム全体の話として、若手ばかりのチームです。R・ロペスは10年目ですが、それ以外の選手は6年目以下の選手です。J・バトラーとD・ウェイドの移籍は、ブルズにチーム再建への舵を切らせました。スターター構成を見ても、いったい誰が点を取るんだ?という状態です。現状ではN・ミロティッチがオフェンスの中心となりそうですが、彼はシュータータイプのプレイヤーです。ゲームメイクはできません。では、J・グラントがゲームメイクをできるのか?彼は3年目のプレイヤーですが、2年間で34試合の出場にとどまっています。経験値が浅すぎてとてもチームを牽引するのは難しいでしょう。

    R・ロペスも同じく、自分で攻めに行くタイプではありません。本当にこれでは、オフェンスが成り立たないです。

    ORPMは全体26位、DRPMは全体12位、RPMは全体23位となっています。かろうじてディフェンスだけは何とかなりそうですが、バスケットは得点を取り合うスポーツです。点が取れなければ勝つことはできないスポーツです。もう、私には光明は見えません。

    ロスター:セカンドユニット

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG D・ヌワバ -1.89 0.59 -1.30 $1,312,611
    SG Z・ラビーン -0.62 -2.35 -2.97 $3,202,218
    SF D・バレンタイン -2.21 0.13 -2.08 $2,186,400
    PF L・マルケネン $3,821,640
    C C・フェリシオ -1.55 0.39 -1.16 $7,833,500
    2ndユニット -1.57 -0.54 -2.11 $22,210,300

    ↑右スライド出来ます。

    セカンドユニットも、どうにもなりません。戦力分析と言いながら、何をどうしたら勝てるチームになるのか、皆目見当もつきません。Z・ラビーンはスラムダンクコンテストで優勝するようなエキサイティングな選手ですが、実際はあまり実績を残せていません。セカンドユニットのオフェンスは彼に牽引してもらわなければならないですが、ターンオーバーも多いので安定感に欠けます。その他の選手はディフェンシブなプレイヤーばかりですが、と言ってもディフェンスのスペシャリストというわけではありません。

    私がブルズのヘッドコーチなら、2017-2018シーズンは勝つことを捨てます。若手の育成とドラフト戦略、トレード戦略によって次のフランチャイズプレイヤーを探すでしょう。無理に勝ちに行ってドラフト指名の順位が下がってしまうのも良くないですし、スタープレイヤーが来たときに若手の期待値を上げておかなければ、チームとして成り立ちません。ブルズは数年は最下位争いをするような状況が続くのではないかと予想します。

    ちなみにですが、セカンドユニットのORPMは全体21位、DRPMは全体21位、RPMは全体24位となっています。驚くべきは、指数的にさらに下のチームがいるということですね。

    ロスター:その他

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG K・ダン -2.64 -0.41 -3.05 $4,046,760
    PG K・フェルダー -3.39 -0.85 -4.24 $1,312,611
    PG C・ペイン -4.14 -0.31 -4.45 $2,203,440
    SF P・ジプサー -3.37 -0.19 -3.56 $1,312,611
    SF Q・ポンデクスター $3,853,931

    ↑右スライド出来ます。

    チーム全体

    ORPM DRPM RPM Salary
    -1.77 -0.02 -1.79 $65,219,767

    ↑右スライド出来ます。

    チーム全体のORPMは全体30位、DRPMは全体21位、RPMは全体30位となっています。この指数を見れば絶望的な状況ということがご理解いただけたかと思います。

    ただ、ブルズは再建を目指しているんです。2017-2018シーズンは勝つ必要がないんです(ファンには怒られるだろうけど・・・)。ブルズのチームサラリーは約6500万ドルと、ウォーリアーズの半分にも満たない金額です。

    来季以降のドラフト戦略と、FA市場を見据え、コストマネジメントを行った結果でしょう。そうなると、D・ローズをドラフトした時のように、強豪への返り咲きが数年後にあると期待します。ただ、2017-2018シーズンは最下位争いとなることを覚悟しましょう。

     

    チーム一覧ページはこちら↓

    【NBA】2017-2018シーズン戦力分析

  • 柴咲コウ、中傷脅迫するネットユー …
  • ホリエモン新党について立花孝志が …
  • 竹中平蔵「月5万円のベーシックイ …
  • 【武漢コロナ】武漢+189 …
  • 【悲報】YouTubeで中国共産 …
  • 眉間に刃物を突きつけ「目がいいん …
  • 新手の「俺コロナ」事案が発生 …
  • 日本の新型コロナ支援策 2次補正 …
  • 小池都知事、再出馬 …
  • 「女を、子育てをナメている」 2 …