NBA

【NBA】2017-2018シーズン戦力分析 ペリカンズ編

  • カリー不在の影響か、ウォリアーズ …
  • 黒子のバスケとかいうクッソ面白い …
  • 球技大会バスケ部「バッシュ履くわ …
  • Bリーグ観戦ブーム到来!10代女 …
  • 渡邊雄太独占インタビュー NBA …
  • 【バスケ】八村塁の2戦目は17得 …
  • タンクトップでジムにくる女子ww …
  • ティンバーウルブスの主力ジミー・ …
  • 【バスケ】渡辺雄太選手が大活躍! …
  • 【朗報】八村塁、来年のNBAドラ …
  • ヤフオクで落としたジャンクiPo …
  • 【悲報】美味しんぼ山岡のマジでお …
  • 車の原価率だけは知りたくなかった …
  • 【悲報】高速で139km/hで捕 …
  • 友「年収なんぼよ」俺「え、言いた …
  • イッテQ、やらせ常習化していたw …
  • 【悲報】100円ローソンの牛丼が …
  • 長年トヨタユーザだったワイが突然 …
  • TSUTAYA店員「BTSの悪口 …
  • 新人「飲み会参加しません」ぼく「 …

  • 戦力分析:ニューオリンズ・ペリカンズ

    毎年、期待されながら力を発揮できず、なかなかプレーオフまでたどり着けないペリカンズ。A・デイビス、D・カズンズのツインタワーを擁し今年こそはと意気込んでいることでしょう。2017-2018シーズンはいかに!?

    ロスター:スターター

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG J・ホリデー 0.64 1.18 1.82 $25,686,677
    SG E・ムーア -0.24 -1.58 -1.82 $8,445,024
    SF S・ヒル -1.06 1.49 0.43 $12,236,535
    PF A・デイビス 0.45 3.90 4.35 $23,775,506
    C D・カズンズ 3.56 0.64 4.20 $18,063,850
    スターター 0.67 1.13 1.80 $88,207,582

    ↑右スライド出来ます。

    スターターに名を連ねる選手たちのRPM指数は、なかなか良好です。ORPMは全体13位とリーグ平均ぐらいに位置しています。オフェンスの軸となるのは、A・デイビスとD・カズンズのツインタワーです。A・デイビスはリーグ屈指のビッグマンで、近年ではアウトサイドシュートにも積極的です。もともとの身体能力にプラスして、得点のバリエーションを増やしています。さらに、リバウンドにも積極果敢に飛び込むプレイヤーですので、平均20得点10リバウンド以上の働きを期待できます。

    もう一人の核となるプレイヤーのD・カズンズですが、A・デイビスとは違いインサイドを主戦場とするプレイヤーです。その巨躯でインサイドを制圧できるプレイヤーですが、何気にアウトサイドシュートも30%以上の確率を残せます。A・デイビス同様に、平均20得点10リバウンド以上を計算できます。

    脇を固めるプレイヤーたちも優秀で、特にJ・ホリデーの成長が著しく、元はスコアラータイプのPGでしたが、アシスト・ゲームメイクに目覚め、ツインタワーを活かすようなプレーを選択することが多くなりました。自ら得点を取りに行くこともできるプレイヤーですので、オフェンスの手詰まりを解消できます。S・ヒルはディフェンシブな選手ですので、オフェンスに対する貢献は少ないですが、両エースのサポートとしては優秀です。E・ムーアも主役になれるほどの能力はありませんが、自身もそれをわかっているのか、アンセルフィッシュなプレーをします。

    ディフェンスの指数は優秀でDRPMは全体4位です。特にインサイドは強固で、ツインタワーが相手に与えるインパクトは相当なはず。A・デイビスとD・カズンズで30リバウンド以上するという試合も多くみられるでしょう。

    RPMは全体12位と悪くない数値です。しかし、ペリカンズはなぜか勝率5割をうろつくチームなんです。その理由は、大事な局面でのターンオーバーです。特に、D・カズンズのターンオーバー数はリーグでもかなり多い部類です(別記事「【データで語るNBA】ターンオーバー王は誰だ!?」を参照)。

    ターンオーバー数を減らすことと、勝負どころでのメンタルがそろえば、プレーオフ進出も実現の可能性が見えてきます。しかし、今年のウェスタンカンファレンスは混戦必至です。その中で、どれだけ勝ち切れるか?期待して見守りましょう。

    ロスター:セカンドユニット

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG J・ネルソン 0.45 -0.44 0.01 $1,429,818
    SG I・クラーク -1.08 -1.82 -2.90 $1,471,382
    SF T・アレン -2.03 2.15 0.12 $1,471,382
    PF D・カニンガム -0.37 -0.56 -0.93 $2,300,000
    C O・アシク -2.97 1.94 -1.03 $10,595,505
    2ndユニット -1.20 0.25 -0.95 $17,268,087

    ↑右スライド出来ます。

    セカンドユニットの中心は、J・ネルソンになるでしょう。ベテランながら、インサイドへの突進力はいまだ衰えていません。また、I・クラークというシューターがいるのも心強いです。ウォーリアーズで得た経験は、ペリカンズの選手たちにとっても有効に作用するのでないでしょうか。

    さらに、ディフェンスマスターのT・アレンも控えています。衰えは目立つものの、セカンドユニットでディフェンスに注力すればまだまだ活躍できます。さらに、T・アレンのハッスルプレーは、チームの士気を高めるのにも十分でしょう。

    便利屋のD・カニンガムと、インサイドのO・アシクも、オフェシンブな選手ではありませんが、J・ネルソンのドライブからキックアウトパスを受けたり、ピックアンドロールでのポイントも期待できます。

    こう書いていると、なんで勝率5割付近をうろついているのか不思議になりますね。セカンドユニットのORPMは全体16位、DRPMは全体10位、RPMは全体11位にランクインしました。

    ロスター:その他

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG R・ロンド -1.35 -0.49 -1.84 $3,300,000
    SF D・ミラー $2,100,000
    PF C・ディアロ -2.54 -0.85 -3.39 $1,312,611
    PF J・スミス $1,379,940
    C A・アジンサ -3.17 1.64 -1.53 $4,961,798

    ↑右スライド出来ます。

    チーム全体

    ORPM DRPM RPM Salary
    -0.75 0.55 -0.19 $119,345,633

    ↑右スライド出来ます。

    チーム全体のORPMは全体17位、DRPMは全体5位、RPMは全体11位となっています。十分にプレイオフ進出を狙える圏内にいますが、やっぱり勝ちきれないのがペリカンズ。2017-2018シーズンも勝率5割付近をうろついているような気がします。J・ネルソン、T・アレンのベテランが、チームの雰囲気を変えられるか?プレーオフ進出はそこにかかっているような気もします。

    2017-2018シーズンのウェスタンカンファレンスは、本当に激戦になると思います。その中で、シーズン終盤にプレーオフ進出をかけた試合が何試合もあることでしょう。そこで勝ちきれる勝者のメンタルが備われば、プレーオフ進出も見えてきますね!

     

    チーム一覧ページはこちら↓

    【NBA】2017-2018シーズン戦力分析

  • 5秒で考えたボジョレーヌーボーの …
  • 中国当局「韓国のサムスン電子・S …
  • 俺の親父バカすぎわろたwwwww …
  • 子供の頃信じてた噂wwwwwww …
  • 小倉智昭キャスター 膀胱がん全摘 …
  • 奨学金を借りてまで“Fラン大学” …
  • バス乗客の持ち込んだガスボンベが …
  • アメリカ「メンソールタバコ禁止に …
  • サザエさんの格ゲー出たら誰使う? …
  • 警視庁が安田純平さん聴取へ …