NBA

【NBA】2017-2018シーズン戦力分析 マーベリックス編

  • バスケってロングシュート極めれば …
  • バスケットボール好きな人、どうい …
  • バスケの試合で14-210で負け …
  • スラムダンク「リバウンドを制すも …
  • 怪我・アクシデントに悩まされたN …
  • スポーツ選手A「能力ピークで引退 …
  • スラムダンクが好きな人、ほかにオ …
  • ゴンザガ大6連勝 八村塁は今季最 …
  • 最近バスケットボール見始めたんだ …
  • 楽天がNBAスターのステフィン・ …
  • 年収は?お前ら「500万」「60 …
  • マクドナルドのマックフライポテト …
  • アルビノ日本人女性(25)「髪染 …
  • 23歳で貯金が7600万あるんや …
  • 松屋の新メニューがなんか凄いww …
  • 【閲覧注意】職業別の『既婚率』が …
  • この交通事故すごいな・・・・・・ …
  • ワイ、障害者(女)の性欲を処理す …
  • 上司「出張することになった。飛行 …
  • ワイ「スープカレー?どうせスープ …

  • 戦力分析:ダラス・マーベリックス

    マーベリックス一筋のフランチャイズプレイヤーであり、近年のマーベリックスの象徴であるD・ノヴィツキーも、キャリア終盤に差し掛かり、次のフランチャイズプレイヤーを探すことが急務なマーベリックス。2017-2018シーズンは勝ちに行くのか?数年先を見据えたチーム再建期間とするのか?

    ロスター:スターター

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG Y・フェレール -0.99 -1.21 -2.20 $1,312,611
    SG W・マシューズ 0.09 0.11 0.20 $17,884,176
    SF H・バーンズ -0.44 0.11 -0.33 $23,112,004
    PF D・ノヴィツキー -0.38 0.64 0.26 $5,000,000
    C N・ノエル -1.33 2.58 1.25 $4,187,599
    スターター -0.61 0.45 -0.16 $51,496,390

    ↑右スライド出来ます。

    マーベリックスの絶対的エースであったD・ノヴィツキーは、やはり衰えを隠せず近年はスタッツが大幅に低下しています。それこそ、D・ノヴィツキーが全盛期であれば、ハイポストでボールを預ければ、ほとんど得点に結び付けていた印象ですが、今はそれを望めません。となると、オフェンスの中心はH・バーンズになるでしょうか。

    H・バーンズはウォーリアーズ時代は黒子に徹していましたが、マーベリックスに移籍してからはエースとして孤軍奮闘しています。ドライブもアウトサイドシュートもでき、アシストもそこそこ出来る彼の1on1を中心にオフェンスが展開されるでしょう。W・マシューズは、コーナーでキックアウトパスを待ちながらアウトサイド、インサイドへのペネトレイトで貢献できるはずです。

    しかし、H・バーンズもW・マシューズも、ディフェンシブな選手です。N・ノエルもオフェンスの貢献度は低く、インサイドディフェンス中心のプレイヤー。オフェンスの絶対的なエースと言える選手がいないのが悩みの種です。それを象徴するようにORPMはリーグ全体の25位と、下位に甘んじています。

    では、ディフェンス面で相手を圧倒できるか?そこまでの能力を備えた選手たちではありません。Y・フェレールはサイズに不安があります。ペリメーター近辺はW・マシューズとH・バーンズが1on1ディフェンスで持ちこたえられそうですが、2メンゲームで仕掛けられた場合、狙われるのはD・ノヴィツキーです。元々、フットワークの軽いプレイヤーではなかったですが、年齢とともにさらに悪化しています。D・ノヴィツキーのピックアンドロールへの対応が良くない状態で、W・マシューズもH・バーンズも引っ張られてしまっているように感じます。DRPMは全体14位と平均的ですが、多くの場面でディフェンスの穴を突かれることがあるでしょう。

    RPMは全体の25位となっており、スターターの構成を見る限り、勝ちにこだわっているようには思えません。かといって、H・バーンズをフランチャイズプレイヤーとして据える覚悟もあるように思えません。2017-2018シーズンは、次のエースを探しながら、数年先のチームの方向性を決めるというようなシーズンになるように思います。

    ロスター:セカンドユニット

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG JJ・バレア 0.15 -1.57 -1.42 $3,903,900
    SG S・カリー 0.52 0.01 0.53 $3,028,410
    SF D・ファニースミス -1.92 -0.30 -2.22 $1,312,611
    PF D・パウエル -0.66 -0.51 -1.17 $9,003,125
    C S・メジリ -2.71 3.66 0.95 $1,471,382
    2ndユニット -0.92 0.26 -0.67 $18,719,428

    ↑右スライド出来ます。

    セカンドユニットでは、JJ・バレアのペネトレイトを中心に試合が進むでしょう。彼の気合の突進力は非常に魅力的で、セカンドユニットとして勢いづけるにはもってこいのプレイヤーです。しかし、ミスが多くターンオーバーを頻発してしまうのが良くないところ。ただ、現状ではJJ・バレア以外にボールを預けることができないのも事実。ロスターの層の薄さを感じずにはいられません。

    セカンドユニットのORPMは全体12位、DRPMは全体10位、RPMは全体の9位とセカンドユニット単体で見れば優位性を持って試合を進められそうですが、JJ・バレア以外のオフェンスの軸を早期に作らなければ、勝利は遠いでしょう。

    ロスター:その他

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG D・ハリス 0.38 0.32 0.70 $4,402,546
    PG D・スミスJr $3,218,280
    PF J・マクロバーツ -2.87 -0.01 -2.88 $6,021,175
    PF M・クレバー $815,615
    C J・ウィジー -1.50 0.57 -0.93 $1,577,230

    ↑右スライド出来ます。

    チーム全体

    ORPM DRPM RPM Salary
    -0.90 0.34 -0.56 $86,250,664

    ↑右スライド出来ます。

    2017-2018シーズンで期待するプレイヤーとして、D・スミスJrがいます。1巡目9位という高評価でNBA入りしたルーキーですが、セカンドユニットとして定着していてもおかしくないでしょう。現在のマーベリックスであれば、もしかするとスターターになっているかも?実績がないので、この位置に記載していますが、論ぞ・ボールとともにルーキーオブザイヤーを争う逸材だと思います。

    今季のマーベリックスは、このD・スミスJrがフランチャイズプレイヤーとなる可能性を秘めているかを確認するシーズンになるのではないでしょうか。D・ノヴィツキーの契約は2018-2019シーズンまで残っており、おそらくそこで引退となるでしょう。その後、チームの再建へ突入すると思われますが、その頃はD・スミスJr中心のチーム作りがされていてもおかしくありません。2017-2018シーズンのマーベリックスはD・スミスJrを注目してみましょう!

     

    チーム一覧ページはこちら↓

    【NBA】2017-2018シーズン戦力分析

  • 宇宙や時間はビックバンによって始 …
  • 開発者向けチャットツール「sla …
  • 日本の家、クソ寒い 冬の平均室温 …
  • 今年の政党交付金 自民178億  …
  • 滋賀で都会なところ …
  • 生活苦で郵便局でバイトした山口組 …
  • 【悲報】槇原敬之、もう爺さん …
  • 【喫煙者はタバコ吸いながらアイデ …
  • 「好き」メール女性職員5人に、セ …
  • 辻希美、夫婦で赤ちゃんと外出して …