NBA

【NBA】2017-2018シーズン戦力分析 マーベリックス編

  • ブルックリンの治安ってどうなの? …
  • NBAに興味が出たワイ、ペリカン …
  • ジェレミー・リン ホークスへ移籍 …
  • アイザイア・トーマスがナゲッツと …
  • グレイソン・アレンはいい選手にな …
  • NBAで見た動きを練習して友人と …
  • 【バスケ】今年度の天皇杯・皇后杯 …
  • 【NBA】ステフィン・カリー、ア …
  • アダム・シルバーが戦力均衡につい …
  • 最近色々な動作からのストップがで …
  • 市役所「シャチハタはだめです」 …
  • 27歳不動産営業だが、世の中借金 …
  • 【悲報】超絶ぼったくり居酒屋が発 …
  • ワイ、住民税35万円をバックれて …
  • 川越シェフ「ミネラルウォーター8 …
  • さかなくんってクレーマーのせいで …
  • 【悲報】やよい軒のうなぎ定食、8 …
  • 林修「仕事に学歴は関係ない」 …
  • DQN19人「警報鳴ってるけどキ …
  • USJ広報さん「正直ディズニーい …

  • 戦力分析:ダラス・マーベリックス

    マーベリックス一筋のフランチャイズプレイヤーであり、近年のマーベリックスの象徴であるD・ノヴィツキーも、キャリア終盤に差し掛かり、次のフランチャイズプレイヤーを探すことが急務なマーベリックス。2017-2018シーズンは勝ちに行くのか?数年先を見据えたチーム再建期間とするのか?

    ロスター:スターター

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG Y・フェレール -0.99 -1.21 -2.20 $1,312,611
    SG W・マシューズ 0.09 0.11 0.20 $17,884,176
    SF H・バーンズ -0.44 0.11 -0.33 $23,112,004
    PF D・ノヴィツキー -0.38 0.64 0.26 $5,000,000
    C N・ノエル -1.33 2.58 1.25 $4,187,599
    スターター -0.61 0.45 -0.16 $51,496,390

    ↑右スライド出来ます。

    マーベリックスの絶対的エースであったD・ノヴィツキーは、やはり衰えを隠せず近年はスタッツが大幅に低下しています。それこそ、D・ノヴィツキーが全盛期であれば、ハイポストでボールを預ければ、ほとんど得点に結び付けていた印象ですが、今はそれを望めません。となると、オフェンスの中心はH・バーンズになるでしょうか。

    H・バーンズはウォーリアーズ時代は黒子に徹していましたが、マーベリックスに移籍してからはエースとして孤軍奮闘しています。ドライブもアウトサイドシュートもでき、アシストもそこそこ出来る彼の1on1を中心にオフェンスが展開されるでしょう。W・マシューズは、コーナーでキックアウトパスを待ちながらアウトサイド、インサイドへのペネトレイトで貢献できるはずです。

    しかし、H・バーンズもW・マシューズも、ディフェンシブな選手です。N・ノエルもオフェンスの貢献度は低く、インサイドディフェンス中心のプレイヤー。オフェンスの絶対的なエースと言える選手がいないのが悩みの種です。それを象徴するようにORPMはリーグ全体の25位と、下位に甘んじています。

    では、ディフェンス面で相手を圧倒できるか?そこまでの能力を備えた選手たちではありません。Y・フェレールはサイズに不安があります。ペリメーター近辺はW・マシューズとH・バーンズが1on1ディフェンスで持ちこたえられそうですが、2メンゲームで仕掛けられた場合、狙われるのはD・ノヴィツキーです。元々、フットワークの軽いプレイヤーではなかったですが、年齢とともにさらに悪化しています。D・ノヴィツキーのピックアンドロールへの対応が良くない状態で、W・マシューズもH・バーンズも引っ張られてしまっているように感じます。DRPMは全体14位と平均的ですが、多くの場面でディフェンスの穴を突かれることがあるでしょう。

    RPMは全体の25位となっており、スターターの構成を見る限り、勝ちにこだわっているようには思えません。かといって、H・バーンズをフランチャイズプレイヤーとして据える覚悟もあるように思えません。2017-2018シーズンは、次のエースを探しながら、数年先のチームの方向性を決めるというようなシーズンになるように思います。

    ロスター:セカンドユニット

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG JJ・バレア 0.15 -1.57 -1.42 $3,903,900
    SG S・カリー 0.52 0.01 0.53 $3,028,410
    SF D・ファニースミス -1.92 -0.30 -2.22 $1,312,611
    PF D・パウエル -0.66 -0.51 -1.17 $9,003,125
    C S・メジリ -2.71 3.66 0.95 $1,471,382
    2ndユニット -0.92 0.26 -0.67 $18,719,428

    ↑右スライド出来ます。

    セカンドユニットでは、JJ・バレアのペネトレイトを中心に試合が進むでしょう。彼の気合の突進力は非常に魅力的で、セカンドユニットとして勢いづけるにはもってこいのプレイヤーです。しかし、ミスが多くターンオーバーを頻発してしまうのが良くないところ。ただ、現状ではJJ・バレア以外にボールを預けることができないのも事実。ロスターの層の薄さを感じずにはいられません。

    セカンドユニットのORPMは全体12位、DRPMは全体10位、RPMは全体の9位とセカンドユニット単体で見れば優位性を持って試合を進められそうですが、JJ・バレア以外のオフェンスの軸を早期に作らなければ、勝利は遠いでしょう。

    ロスター:その他

    P Name ORPM DRPM RPM Salary
    PG D・ハリス 0.38 0.32 0.70 $4,402,546
    PG D・スミスJr $3,218,280
    PF J・マクロバーツ -2.87 -0.01 -2.88 $6,021,175
    PF M・クレバー $815,615
    C J・ウィジー -1.50 0.57 -0.93 $1,577,230

    ↑右スライド出来ます。

    チーム全体

    ORPM DRPM RPM Salary
    -0.90 0.34 -0.56 $86,250,664

    ↑右スライド出来ます。

    2017-2018シーズンで期待するプレイヤーとして、D・スミスJrがいます。1巡目9位という高評価でNBA入りしたルーキーですが、セカンドユニットとして定着していてもおかしくないでしょう。現在のマーベリックスであれば、もしかするとスターターになっているかも?実績がないので、この位置に記載していますが、論ぞ・ボールとともにルーキーオブザイヤーを争う逸材だと思います。

    今季のマーベリックスは、このD・スミスJrがフランチャイズプレイヤーとなる可能性を秘めているかを確認するシーズンになるのではないでしょうか。D・ノヴィツキーの契約は2018-2019シーズンまで残っており、おそらくそこで引退となるでしょう。その後、チームの再建へ突入すると思われますが、その頃はD・スミスJr中心のチーム作りがされていてもおかしくありません。2017-2018シーズンのマーベリックスはD・スミスJrを注目してみましょう!

     

    チーム一覧ページはこちら↓

    【NBA】2017-2018シーズン戦力分析

  • なんでライブとかって録音しちゃい …
  • 最も的確な芸人コメンテーターラン …
  • タバコの何がいいの?美味しいのか …
  • Offspringってバカにして …
  • 外が暑い理由ってエアコンのせいじ …
  • 【悲報】身近な食材の致死量が判明 …
  • 自由・小沢一郎「棄権票加われば圧 …
  • 俺「あのぼく高校生なんですけど寮 …
  • 俺が体験したこわい話しようと思う …
  • 中国 4~6月GDP減速 今月の …