NBA

【データで語るNBA】働き者・給料泥棒は誰だ!? パート2

  • 八村塁、eNBAでドノバン・ミッ …
  • 次のNBA 2Kシリーズって制作 …
  • コービー・ブライアント氏ら9人が …
  • 【悲報】NBAがシーズン中止へ向 …
  • 自宅筋トレする機会が増えたんだが …
  • ベン・シモンズに3Pは必要か話し …
  • NBAの八村塁さん、ゲーム大会に …
  • バスケ漫画の逆転する展開、3Pを …
  • クラッシックゲーム見たけどメロす …
  • 弱小バスケ部にありがちなこと挙げ …
  • 【悲報】「#室井佑月のテレビ出演 …
  • 【朗報】コロナで嫌いになった人ラ …
  • 【悲報】青葉、京アニに作品すら読 …
  • 【衝撃】ウーバー配達員俺氏が本日 …
  • 【悲報】タバコ屋の店主「皆さんの …
  • 青葉真司、逆転満塁サヨナラホーム …
  • 【悲報】黒人「犬にリードつけた方 …
  • 中小企業支援金、予想通り「あの企 …
  • 【悲報】学生に20万円 受け取り …
  • 【悲報】医師「北九州ヤバい。コロ …

  • NBAは全世界のプロスポーツの中で、No.1の給料がもらえるリーグです。そんなリーグで高い給料をもらいながら、全く働いていない怠け者はいったい誰なのか?今回も日本式で「勤務(出場)時間」が基準です。選手の年棒を出場時間で割って、時給ならぬ「分給」をだして、その分給が最も高いのが、2017-2018シーズンのNo.1給料泥棒の称号を得ます。

    怪我をしていようが、チームに干されていようが関係ありません。正義は「勤務(出場)時間」です。ただし、年棒が500万ドル以下の選手や若手プレイヤーは対象外にします。そのライン以下だと若手が多くなりますし、若手に給料泥棒なんて言ったら、ブラック企業認定されちゃいますからね。

    それでは行ってみましょう!

    NBA界の給料泥棒トップ10

     

     

    堂々のというか、ダントツのトップは2017年オフの大物FAプレイヤーとしてセルティックスに移籍したG・ヘイワードでした。セルティックスは、K・アービングとG・ヘイワードのワンツーパンチを想定していたはずですが、G・ヘイワードの故障によりその思惑は崩れました。それなのにイーストでトップの成績をたたき出しているのはすごいですね!今のところ、G・ヘイワードの分給は日本円で約6億5千万円(1ドル110円換算)です!!!恐ろしい。。。

    また、K・レナードも現状で給料泥棒9位にランクイン。怪我で出遅れていたのでしょうがないと思いますが、今期は給料泥棒という不名誉な称号を手にしています。K・レナードは、これからの巻き返しに期待できそうですが、それにしても分給約980万円ですよ。一般人なら時給980円なんて普通なのに、桁が違いすぎる。。。

    せっかくなので、RPMの指数が高い活躍しているプレイヤーの分給も見てみましょう!

    今や、キングジェームスと並ぶ2トップの一角、S・カリーの分給は約320万円です。給料泥棒さんに比べると良心的な分給に思えてくるから不思議です。ちなみにキング、L・ジェームスの分給は約200万円です。試合に出続けるレブロンですので、コスパが良く見えます。

    シクサーズの大エースであるJ・エンビートは約57万円!今シーズンの活躍度合いからすると、とってもお買い得!さらにウルブズ躍進を陰で支えるT・ジョーンズに至っては約16万円。貢献度の高いプレイヤーですが、今はかなりコスパがいいです。彼ら二人は今後年俸が上がっていくでしょう。その時に今と同じかそれ以上の活躍をしなければ、途端に給料泥棒の仲間入り。厳しい世界です。

    それでは、分給が最も安い不遇のプレイヤーを見てみましょう。

    このランキングの面白いところは、若手プレイヤーに混ざって中堅どころのプレイヤーがいるところですね。サンズのM・ジェームスは分給約14,000円、クリッパーズのCJ・ウィリアムスは、分給約15,000円です。これまで見てきた金額からすると相当低いですね。M・ジェームスとCJ・ウィリアムスは労基に駆け込みたいところでしょうが、契約出来るかどうか当落線上の中堅プレイヤーに、その選択肢はなさそうです。

     

    今回は、NBAというものを違った視点から見てみました。こういった違う(変な)視点で見てみるのも面白いですね。

     

  • 団塊の世代、氷河期世代、ゆとり世 …
  • インドネシア「日本よ、やっぱり高 …
  • 北朝鮮「中国を全面的に支持!香港 …
  • 水をはじいて油だけを吸収するスポ …
  • 【脳科学】ストレスは脳のどこに住 …
  • ワシントンD.C.のD.C.の意 …
  • 信濃毎日「自衛隊の宇宙作戦隊は危 …
  • イギリス、「国家安全法」撤回しな …
  • 米大学「発症前のPCR検査は偽陰 …
  • 背中にマグロの刺身入れてるんだが …