NBA

【シュートフォーム研究】NBAのシューターから学ぶ S・カリー編

  • 今のNBAを席巻してるのがヨーロ …
  • ドラフト1位の大物新人ザイオン、 …
  • 【朗報】ドワイト・ハワードさん、 …
  • NBAに新たなスター誕生の予感… …
  • 【NBA】“史上最悪のドラフト1 …
  • 【NBA】ウィザーズ八村塁がチー …
  • NBAに辿り着けないアメリカ人の …
  • NBAオールスター2020の投票 …
  • ビンス・カーターがNBA史上初め …
  • 八村塁、鼠径部の負傷後初めてのメ …
  • 朝日新聞、水族館の「生きた化石」 …
  • ダスキンにトイレと風呂場掃除して …
  • いきなりステーキ、全社員がいきな …
  • 中学の先生「お前バカだから水産高 …
  • 世田谷一家殺害事件、ついに・・・ …
  • ト◯タの工場に出入りするドライバ …
  • 【悲報】アメリカ人、チップを払わ …
  • 【悲報】オイルヒーターを一ヶ月使 …
  • 税務署から副業の所得漏れがあるっ …
  • 【唖然】『持ち家派』と『賃貸派』 …

  • またまたご無沙汰してしまいました。管理人の身辺がいろいろ忙しくてね・・・ブログを書いてる暇がなかったわけです。。。はい、言い訳です。

    ということで、今回はNBAプレイヤーのシュートフォームを研究してみましょう!という企画の第1弾です。研究題材はもちろん、NBAでNo.1シューターであるS・カリーです。彼を研究せずに現代のシューターを研究したとは言えないでしょう!

    御託はいいから、まずはS・カリーのシュートフォームを見ましょう!

    S・カリーのシュートフォーム

    はやすぎぃっ!

    クロスオーバーからのジャンプショットでもこのスピードです。S・カリーのシュートは、No.1のクイックリリースですね。これじゃ、研究もままならんがな。

    S・カリーのシュートフォーム(スロー)

     

    はい、ようやくなんとなく見えてきましたね。では研究していきましょう!

    ポイント① ワンモーション

    スローGIFを見ていただければわかると思いますが、S・カリーのシュートは「ワンモーション」です。ワンモーションとは何ぞやということですが、「ボールをキャッチしてからリリースするまでが一つの動作」となっていますね。これが、S・カリーのクイックリリースの正体です。

    通常、基本とされるシュートフォームは、「肩より上の位置でボールをセットしてから」ジャンプしてリリースをすると教えられるそうです。(管理人は部活動未経験でして・・・)その「セット」があるので、リリースまでに一瞬の間ができます。対してS・カリーはボールを両手で保持してからリリースまでに間がありません。流れるようにリリースしています。

    そして、このワンモーションはクイックリリースだけがメリットではありません。特に力があまりなく、ロングシュートが届かない人は真似してみるといいと思います。飛び上がる力をすべてボールに伝達でき、より遠くにボールを飛ばすことができるようになります。管理人も草バスケでS・カリーのフォームをまねてみたら3Pが届くようになりました。

    ジャンプで上に飛び上がる力をボールに伝えられれば、無理な力を入れて飛ばさなくても良くなり、シュートの軌道が安定します。S・カリーがハーフライン付近からも軽々とシュートを決めるのは、このフォームによるところも大きそうです。

    ポイント② ボールのセットは右肩の上

    記事のタイトル画像を見てもらうとわかりやすいんですが、S・カリーのセット位置は右肩の上です。そこにセットするので、顔が少し左に傾いています。

    部活動などでシュートフォームを教えられる時に、「ボールのセットは顔の前」と言われることも多いそうです。しかし、やってみるとわかりますが、顔の前にセットすると右ひじが窮屈になります。そのせいで、ひじがゴールとは違う方向を向いてしまい、シュートが安定しないということも発生します。

    S・カリーはひじの向きがゴールと垂直になっています。そのまま、ひじを伸ばすようにリリースすれば、ゴールにまっすぐ飛んでいくようになっているのでしょう。シュートの左右のずれを極力回避したいためのフォームなのではないかと考察します。前後のずれは力加減や距離感の問題なので、修正しやすいのでしょう。

    ポイント③ スタンスは右足を前に

    ボールのセットが右肩上なので、体の向きは必然的に右前となり、ゴールとはななめの位置関係になります。必ずしも自分の胸をゴールと直角にしなければならないわけではなさそうです。

    要は、リリースする手をスタートに足先までを一つの線と考え、その線がゴールと直角になっていればいいということなのでしょう。シュートは体全体を使いますが、ボールの軌道を決めるのは右肩から右手にかけてということだと思います。

    ポイント④ 脱力感

    S・カリーのシュートを見ていていつも思うのが、「フォームに力感が全くない」ことです。まるで、ハイポストにロブパスを入れるかの如く、脱力しています。シュートの安定には、力みをなくすことが一番なのでしょう。

    力が弱くボールを遠くに飛ばすことができない人は、やはり遠くに飛ばそうと思って力いっぱいシュートを放ちます。S・カリーは、遠くに飛ばそうと意識しているのではなく、高く飛ばそうと考えているようにも思います。シュートが高い軌道を描けば、同じ力でも遠くに飛ぶということなのですね。

     

    みなさん、いかがでしょう?

    特に小学生や中学生、草バスケをやっている方にとって、これほど真似する価値のあるシュートフォームはないと思いますよ。私も試行錯誤の結果、S・カリーのフォームをまねることが3Pの成功率を上げました。皆さんもぜひ真似してみてください!

  • 徳島の88歳男が卵1パック盗んで …
  • まるで「ラピュタ」の世界だ… …
  • 【いつもの】「次の首相は?」石破 …
  • ゴーン「仕事を失うのが怖かった」 …
  • センター受験生「試験問題わかんな …
  • 【飛行】鳥のように飛べる飛行機、 …
  • ミシュラン三つ星を55年間守った …
  • 生徒「微分とかはっきり言って使わ …
  • クレーマー大国ニッポン コンビニ …
  • ゲームを時系列順にプレイするのが …