NBA

【データで語るNBA】最も期待外れなプレイヤー 2017-2018シーズン版

  • 【NBA】ウィザーズとNECが国 …
  • NBA選手、腕が長い …
  • 八村塁がNBA公認ゲーム「NBA …
  • 八村塁、NBAデビューは10月2 …
  • 八村塁がNBAで成功する可能性っ …
  • ビンス・カーターがホークスと単年 …
  • インターハイ男子バスケ 福岡第一 …
  • 渡邊雄太、子どもたちへ「今は『N …
  • NBAドラフト全体1位のザイオン …
  • NBAのスカウトが語る「八村塁が …
  • 上司「このミス何度目だよ メモし …
  • 「パークシティ武蔵小杉」の部屋、 …
  • 【大敗北】武蔵小杉の浸水の正体が …
  • 読売新聞さん、災害に一番強い都道 …
  • 【悲報】山本昌さんの焼き肉の食べ …
  • 武蔵小杉ミッドスカイタワー『これ …
  • 【悲報】台風20号発生!!日本壊 …
  • 洪水防ぐ「地下神殿」が4年ぶりに …
  • これ見たら外でラーメン食う気なく …
  • 【画像】南アフリカ、やばすぎるw …

  • 巷ではNBAプレイオフも佳境に向かい、NBAファンの専らの話題は

    ・今シーズンのチャンピオンチームはどこなのか?

    ・シーズンMVPは誰が受賞するのか?

    といったものが多くなってきているように感じます。当然でしょう。NBAファンなら気になる話題のはずです。

    しかーし、当サイトではそんな話題には目もくれず、管理人独自の視点でNBAを見ていきます!勝手にアワードを作って表彰しちゃいます!

    さっそく、今回のアワードは「2017-2018シーズン最も期待外れだったプレイヤー」を表彰します!

    MLDP(Most Let Down Player)とは・・・?

    上記にもある通り、2017-2018シーズンで最も期待外れだった選手を表彰するアワードです。

    選出条件は、

    1. シーズン41試合以上出場している選手
    2. 平均プレータイムが30分以上の選手
    3. 条件1、2を満たす選手の中でRPMの数値が低い選手
    4. 管理人の完全主観で選出

    となっています。シーズンの半分以上の試合で30分以上出場している選手であれば、確実に「チームの主力」とみて間違いないでしょう。このMLDPは、そんなチームの主力を任されていながら、チームに良くない影響を与えた選手というわけですね。そんな不名誉なアワードを受賞するプレイヤーはいったい誰なのか!?

    2017-2018シーズンMLDPノミネート

    MLDPノミネートランキングの1位は、A・ブラッドリーです。昨シーズンは、I・トーマスとともにセルティックスを牽引していたA・ブラッドリーですが、オフの移籍を機に不遇のシーズンとなってしまいました。と思いきや、2016-2017シーズンのRPMを引っ張ってくると、-2.98と、今年が特別低いわけではありません。過大評価をされているプレイヤーの一人ということでしょう。セルティックス時代はI・トーマスの陰に隠れていたので、良くも悪くも目立ちはしませんでした。今後の彼のキャリアも心配になってきます。

    次点はW・マシューズ。D・ノヴィツキーがキャリアの最終章を迎え、マーベリクス内でも彼の重要度が増す中、期待されている活躍ができませんでした。特に期待されたオフェンス面では、2017-2018シーズンよりも数字が落ちてしまいました。RPMも昨シーズンの-1.72から0.7も落としてしまい、マーベリクスの低迷を象徴しているようです。

    3位はサンズのTJ・ウォーレンです。持っている能力は期待値が高いだけに、この数字ではかなり物足りません。TJ・ウォーレンは、今季までは約300万ドル程のサラリーでしたが、2018-2019シーズンからは3倍以上の1100万ドルのサラリーとなります。このままでは、給料泥棒と言われ、ジャーニーマンとしてキャリアを過ごすプレイヤーになってしまうかもしれません。来季の奮起に期待したいところ。

    このランキングを見ていると、当然ですがチームとしても下位に沈むチームのプレイヤーばかりですが、一人だけ場違いな選手がいます!

    2017-2018シーズンのMLDPは・・・?

    ミネソタ・ティンバーウルブズのA・ウィギンズです!!

    なぜ、A・ウィギンズがここにいる!?チームはプレイオフ進出を果たし、躍進の遂げましたが、A・ウィギンズ個人としては期待外れのシーズンとなりました。

    J・バトラーの加入でオフェンスの負担が減りましたので、ORPMの減少は納得できます。しかし、昨シーズンからDRPMの改善が見受けられません。DRPMに引っ張られるようにRPMの数値も低下してしまいました。K・A・タウンズとJ・バトラー、A・ウィギンズのトリプルエースで、新しいウルブズの幕開けか!?と期待していましたが、このままではチームから放出されかねません。

    最大の課題はディフェンスですね。昨シーズンからDRPMの数値は低かったですが、それはスコアラーとのマッチアップをするからだと考えていました。しかし今シーズンはエースストッパーのJ・バトラーが加入したことにより、エースとマッチアップする回数も大幅に減りました。なのにDRPMの数値は改善されていません。

    アスレティックな能力については文句のつけようがありませんが、やはりまだ線が細いです。さらにチームディフェンスも拙いように見えます。スイッチやスクリーンへの対応、ヘルプディフェンスなど、組織として行うディフェンスが苦手(さぼってるだけかも)に見受けられます。

    ウルブズが終盤失速し、プレーオフの出場が下位になってしまった理由は、A・ウィギンズにあると考えます。彼のディフェンスが安定すれば、上位チームとも対等に渡り合えるだけの力を得られると思います。そういった意味でも2017-2018シーズンのMLDPはA・ウィギンズです!

  • 【台風19号】韓国企業の多くが日 …
  • 【画像】本田望結ちゃん(15)、 …
  • 【東京】「金がほしかった」渋谷の …
  • お前らまだMTだのATだの対立し …
  • 部活強制っておかしいよな …
  • ドラクエの瀕死の怪我が薬草で治る …
  • スパゲティ二束くらい余裕だよね? …
  • バイトリーダーとかいう正社員にも …
  • 【台風19号】「川の近くに避難し …
  • 【神戸教員暴行事件】インド人もび …