NBA

【データで語るNBA】RPM的オールNBAチーム 2017-2018シーズン版

  • 30歳だけどバスケしたい …
  • 八村塁 全米大学男子バスケのMV …
  • スラムダンク1巻を読んだワイ「」 …
  • ウエストブルックが10試合連続ト …
  • 渡邊雄太、今季自己最長の18分4 …
  • 【高校バスケ】能代工業が10年ぶ …
  • エアマックスとかいう単体ではクソ …
  • ジェームズ・ハーデンとかいういく …
  • バスケ全然知らんけどエアジョーダ …
  • 【NBA】オールスターのスタータ …
  • 【動画】名古屋駅で取り押さえられ …
  • 【悲報】俺、謎の病にかかるwww …
  • 小室圭、ガチで凄かった …
  • 【炎上】かつてバカッターで店を潰 …
  • 会社の先輩の女の子(44)と飲ん …
  • 松屋さん、QRコード決済めんどい …
  • 結婚式の見積もり、270万だった …
  • Amazon「自社の配送システム …
  • 会社が潰れる前兆wwwwwwww …
  • コンビニATMの横に捨ててある明 …

  • ここ最近、RPM(Real Plus Minus)をテーマにした記事を連投していますが、管理人は決してRPM信者ではありません。ただ、単純な平均得点や平均アシストだけでは測れない、チームへの貢献度を垣間見れるという点において、RPMは非常に興味深いです。

    そして、この時期になると、MVPやMIPなどのシーズンアワード発表間近となり、NBAファンの間でも誰がどのアワードを受賞するのかという議論が多くなりますね。

    今日の俺的アワードのテーマは、RPM的オールNBAチームです!

    RPM的オールNBAチームとは・・・?

    NBAのプレイヤーを各ポジションごとに分け、ポジション別のRPM数値をもとに、1stチームから3rdチームまでを選出します。本家のオールNBAチームの選出は、スタッツはもちろんのこと、印象度もかなり大きく左右されますが、RPM的オールNBAチームは、RPMの数値のみで選出します。

    RPM的オールNBA3rdチーム

    なんと、現代NBAの2大スターのS・カリーとL・ジェームスが、3rdチームですでに選出されました。ということは、RPMの数値上はS・カリー、L・ジェームスよりも優れたプレイヤーがいるということですね。もちろん、RPMはチームメイトとの関係性も大きく影響をしますので、プレイヤー個人として優れているということではありませんが、チームへの貢献度はS・カリーとL・ジェームスよりも高いプレイヤーということです。

    この二人についてはもう何も言うことはありません。S・カリーについては、シーズン後半の離脱がありましたので、少し物足りないシーズンではあります。L・ジェームスは相変わらずの働き者ぶり。シーズン中は抑え目で過ごしていたように見えますが、結果として全試合出場及び平均35分以上の出場となりました。L・ジェームスの凄さというのは、フィジカルやテクニックと合わせて、試合に出続けられるという所にもあるのでしょう。

    そして、SGにはT・エバンスという意外なプレイヤーが食い込みました。グリズリーズというチームのスタイルが合っているのでしょう。ハーフコートからインサイド中心のオフェンススタイルは、かつての新人王が輝きを取り戻すきっかけとなっているようです。

    フロントコートはA・ホーフォードとK・A・タウンズが選出されました。A・ホーフォードはディフェンスでの貢献度が高く、K・A・タウンズはオフェンスでの貢献度が高いです。K・A・タウンズは、ディフェンスでの支配力が増せばNBAナンバー1ビッグマンとなれると思います。

    RPM的オールNBA2ndチーム

    2ndチームのPGはJ・ハーデンの選出です。どちらかというとSGですが、ESPN的にはPGということで、こちらに選出しました。J・ハーデンのいるチームは、オフェンスで相手チームから大きなアドバンテージをとることができます。ORPMの数値だけでは、リーグNo.1です。現時点で最強のオフェンシブプレイヤーといえるでしょう。

    SGにはV・オラディポが選出されています。マジック・サンダー時代は目立つプレイヤーではなく、優秀なロールプレイヤーという印象でしたが、ペイサーズへのトレードを機に、チームの顔へと成長しプレーの質も大きく向上しています。もともと能力は高く過小評価気味のプレイヤーでしたが、名実ともにトッププレイヤーの仲間入りですね。

    SFはウィザーズの屋台骨を支える、オールラウンドプレイヤーのO・ポーターJrです。彼もNBAファンの間で過小評価気味の選手です。ウィザーズのフランチャイズプレイヤーは間違いなく、J・ウォールとB・ビールですが、チームのバランサーとしてのO・ポーターJrの存在は欠かせないものです。

    PFはG・アンテトクンポ。今や、NBA随一のオールラウンドプレイヤーに成長したG・アンテトクンポですが、PF選出でも1stに届きませんでした。実力的には1stチームでもおかしくないですが、2017-2018シーズンはさらに上のプレーをしたプレイヤーがいました。

    CはJ・エンビートです。怪我を克服したJ・エンビートは、プレイングタイムも大きく伸び、ゲームを支配し始めています。このまま大きな怪我がなければ、MVP級の活躍をすることもあり得るでしょう。入団以降シクサーズファンを失意のどん底に叩き落した男は、今はシクサーズの希望としてファンの期待を一身に受けています。

    RPM的オールNBA1stチーム

    RPM的オールNBA1stチームは御覧のプレイヤーとなりました!

    PGはやはりC・ポール!RPMの絶対王者といいますか、毎年C・ポールはトップに君臨しています。あのロケッツが、安定感のあるシーズンを過ごしたのは、間違いなくC・ポールの手腕です。オフェンスでの貢献度は言わずもがなですが、ディフェンスでの貢献度もかなり高いです。チームを強くさせる最も適切な方法が、C・ポールを獲得すること言っても過言ではなさそうです。

    SGにはJ・バトラー。2017-2018シーズンは新天地でのプレーでしたが、オフェンス・ディフェンスともにさすがの安定感です。ブルズ時代のヘッドコーチであったトム・シボドーも、J・バトラーの起用法を心得ていたのでしょう。非常に高いレベルでのパフォーマンスを続け、見事1stチームに選出です。

    SFは、なんとR・コビントン!非常に驚きの選出です。Dリーグも経験した苦労人ですが、J・エンビートともにシクサーズの未来を担うプレイヤーへと成長しました。特にディフェンス面での貢献度が高く、R・ゴベールに次ぐDRPMを残しました。DRPMはインサイドプレイヤーが高くなる傾向がありますが、ウィングのプレイヤーとしては驚異の4点台を記録しています。オフェンスではアウトサイドのキャッチアンドシュートを主体としながら、サイズを活かした力強いペネトレイトも強力です。今後、一気にスタープレイヤーになったとしても不思議ではありません。

    PFは、シーズンMVP候補にも挙がるペリカンズのA・デイビスが選出。もともとMVPクラスの活躍をしていましたが、2017-2018シーズンはさらに覚醒!平均得点はリーグ2位、リバウンドは5位、ブロックは1位というモンスタースタッツを残し、チームをプレイオフへと導きました。

    CはN・ヨキッチです。欧州出身のビッグマンらしく、アウトサイドシュートの精度も魅力のナゲッツ期待の若手は、ORPMがCの中でNo.1を記録しました。N・ヨキッチは、ビッグマンとしては異色の広いコートビジョンを持っています。平均アシストが6.1という、ガードの選手顔負けのアシスト能力です。ディフェンス面でリバウンド・ブロックのスタッツが伸びてこれば、本当にアンストッパブルなプレイヤーとなりそうです。

    RPM上は意外な選手が・・・

    いかがでしたでしょうか?皆さんのイメージとは違った選手も選出されていたのではないでしょうか。NBA公式のオールNBAチームと見比べてみても面白いかと思います。

     

  • なんで日本って核兵器持たないの? …
  • ギャル「男なんてさりげなくボディ …
  • キューリとかいうカッパ巻きだけの …
  • 人生で得た教訓書いてけ …
  • アシタバは「不老長寿の薬」なのか …
  • 絶滅したはずのガラパゴスゾウガメ …
  • ドラクエ11クリアしたからドラク …
  • 留年して借金100万あって詰んだ …
  • 「プチ経験者」歓迎、IT・介護 …
  • どんな育て方しても、結局遺伝子通 …