NBA

【データで語るNBA】RPM的オールNBAチーム 2017-2018シーズン版

  • ドンチッチやっぱすごいわ【NBA …
  • 【悲報】黒子のバスケさん、10年 …
  • 小中高バスケ一筋だったワイ現在の …
  • 東京五輪、男子バスケ日本代表の開 …
  • 開始3分でゴベア退場のジャズに負 …
  • NBAのシーズンってあんな長い意 …
  • 【悲報】NBAスパーズさん、15 …
  • テーブス海がCAAカンファレンス …
  • スラムダンクのヤスが無駄に凄い問 …
  • シカゴ・ブルズ、ホイバーグ監督を …
  • 【悲報】リプニツカヤ(20)、完 …
  • ワイ家電店員、日本がガイジまみれ …
  • 新人「おっ!このビールはベルギー …
  • 加熱用の牡蠣1パック300円→ …
  • Googleさん、研修生の入力ミ …
  • 【悲報】意識高い系大学生「ロンド …
  • 元ニートぼく、1個資格とっただけ …
  • チェーン店で野菜炒めの味が違うと …
  • 【悲報】ソフトバンク「補償は二十 …
  • 【 GIF 】煽り運転が無くなら …

  • ここ最近、RPM(Real Plus Minus)をテーマにした記事を連投していますが、管理人は決してRPM信者ではありません。ただ、単純な平均得点や平均アシストだけでは測れない、チームへの貢献度を垣間見れるという点において、RPMは非常に興味深いです。

    そして、この時期になると、MVPやMIPなどのシーズンアワード発表間近となり、NBAファンの間でも誰がどのアワードを受賞するのかという議論が多くなりますね。

    今日の俺的アワードのテーマは、RPM的オールNBAチームです!

    RPM的オールNBAチームとは・・・?

    NBAのプレイヤーを各ポジションごとに分け、ポジション別のRPM数値をもとに、1stチームから3rdチームまでを選出します。本家のオールNBAチームの選出は、スタッツはもちろんのこと、印象度もかなり大きく左右されますが、RPM的オールNBAチームは、RPMの数値のみで選出します。

    RPM的オールNBA3rdチーム

    なんと、現代NBAの2大スターのS・カリーとL・ジェームスが、3rdチームですでに選出されました。ということは、RPMの数値上はS・カリー、L・ジェームスよりも優れたプレイヤーがいるということですね。もちろん、RPMはチームメイトとの関係性も大きく影響をしますので、プレイヤー個人として優れているということではありませんが、チームへの貢献度はS・カリーとL・ジェームスよりも高いプレイヤーということです。

    この二人についてはもう何も言うことはありません。S・カリーについては、シーズン後半の離脱がありましたので、少し物足りないシーズンではあります。L・ジェームスは相変わらずの働き者ぶり。シーズン中は抑え目で過ごしていたように見えますが、結果として全試合出場及び平均35分以上の出場となりました。L・ジェームスの凄さというのは、フィジカルやテクニックと合わせて、試合に出続けられるという所にもあるのでしょう。

    そして、SGにはT・エバンスという意外なプレイヤーが食い込みました。グリズリーズというチームのスタイルが合っているのでしょう。ハーフコートからインサイド中心のオフェンススタイルは、かつての新人王が輝きを取り戻すきっかけとなっているようです。

    フロントコートはA・ホーフォードとK・A・タウンズが選出されました。A・ホーフォードはディフェンスでの貢献度が高く、K・A・タウンズはオフェンスでの貢献度が高いです。K・A・タウンズは、ディフェンスでの支配力が増せばNBAナンバー1ビッグマンとなれると思います。

    RPM的オールNBA2ndチーム

    2ndチームのPGはJ・ハーデンの選出です。どちらかというとSGですが、ESPN的にはPGということで、こちらに選出しました。J・ハーデンのいるチームは、オフェンスで相手チームから大きなアドバンテージをとることができます。ORPMの数値だけでは、リーグNo.1です。現時点で最強のオフェンシブプレイヤーといえるでしょう。

    SGにはV・オラディポが選出されています。マジック・サンダー時代は目立つプレイヤーではなく、優秀なロールプレイヤーという印象でしたが、ペイサーズへのトレードを機に、チームの顔へと成長しプレーの質も大きく向上しています。もともと能力は高く過小評価気味のプレイヤーでしたが、名実ともにトッププレイヤーの仲間入りですね。

    SFはウィザーズの屋台骨を支える、オールラウンドプレイヤーのO・ポーターJrです。彼もNBAファンの間で過小評価気味の選手です。ウィザーズのフランチャイズプレイヤーは間違いなく、J・ウォールとB・ビールですが、チームのバランサーとしてのO・ポーターJrの存在は欠かせないものです。

    PFはG・アンテトクンポ。今や、NBA随一のオールラウンドプレイヤーに成長したG・アンテトクンポですが、PF選出でも1stに届きませんでした。実力的には1stチームでもおかしくないですが、2017-2018シーズンはさらに上のプレーをしたプレイヤーがいました。

    CはJ・エンビートです。怪我を克服したJ・エンビートは、プレイングタイムも大きく伸び、ゲームを支配し始めています。このまま大きな怪我がなければ、MVP級の活躍をすることもあり得るでしょう。入団以降シクサーズファンを失意のどん底に叩き落した男は、今はシクサーズの希望としてファンの期待を一身に受けています。

    RPM的オールNBA1stチーム

    RPM的オールNBA1stチームは御覧のプレイヤーとなりました!

    PGはやはりC・ポール!RPMの絶対王者といいますか、毎年C・ポールはトップに君臨しています。あのロケッツが、安定感のあるシーズンを過ごしたのは、間違いなくC・ポールの手腕です。オフェンスでの貢献度は言わずもがなですが、ディフェンスでの貢献度もかなり高いです。チームを強くさせる最も適切な方法が、C・ポールを獲得すること言っても過言ではなさそうです。

    SGにはJ・バトラー。2017-2018シーズンは新天地でのプレーでしたが、オフェンス・ディフェンスともにさすがの安定感です。ブルズ時代のヘッドコーチであったトム・シボドーも、J・バトラーの起用法を心得ていたのでしょう。非常に高いレベルでのパフォーマンスを続け、見事1stチームに選出です。

    SFは、なんとR・コビントン!非常に驚きの選出です。Dリーグも経験した苦労人ですが、J・エンビートともにシクサーズの未来を担うプレイヤーへと成長しました。特にディフェンス面での貢献度が高く、R・ゴベールに次ぐDRPMを残しました。DRPMはインサイドプレイヤーが高くなる傾向がありますが、ウィングのプレイヤーとしては驚異の4点台を記録しています。オフェンスではアウトサイドのキャッチアンドシュートを主体としながら、サイズを活かした力強いペネトレイトも強力です。今後、一気にスタープレイヤーになったとしても不思議ではありません。

    PFは、シーズンMVP候補にも挙がるペリカンズのA・デイビスが選出。もともとMVPクラスの活躍をしていましたが、2017-2018シーズンはさらに覚醒!平均得点はリーグ2位、リバウンドは5位、ブロックは1位というモンスタースタッツを残し、チームをプレイオフへと導きました。

    CはN・ヨキッチです。欧州出身のビッグマンらしく、アウトサイドシュートの精度も魅力のナゲッツ期待の若手は、ORPMがCの中でNo.1を記録しました。N・ヨキッチは、ビッグマンとしては異色の広いコートビジョンを持っています。平均アシストが6.1という、ガードの選手顔負けのアシスト能力です。ディフェンス面でリバウンド・ブロックのスタッツが伸びてこれば、本当にアンストッパブルなプレイヤーとなりそうです。

    RPM上は意外な選手が・・・

    いかがでしたでしょうか?皆さんのイメージとは違った選手も選出されていたのではないでしょうか。NBA公式のオールNBAチームと見比べてみても面白いかと思います。

     

  • 【フランス】マクロン大統領「ガソ …
  • フランスのデモで略奪行為が相次ぐ …
  • 【フサフサ】楽天・三木谷社長「中 …
  • 下半身のみの遺体が漂着する。酒田 …
  • 無断欠勤するとマズい? …
  • 地元の友達(29)「手取り14万 …
  • 米国、貿易戦争で貿易赤字が史上最 …
  • 【北日本大雪】 青森で積雪120 …
  • 橋下徹「与党の数の力に押し切られ …
  • 住田弁護士、久保田&武智の暴言は …