【データで語るNBA】キングオブオールラウンダーは誰だ?2017-2018シーズン版 Part1
NBA

【データで語るNBA】キングオブオールラウンダーは誰だ?2017-2018シーズン版 Part1

  • 日本人はNBAよりユーロリーグ目 …
  • 【悲報】バスケ用語に「夜の」と付 …
  • バスケで最強の技といえば??? …
  • 男性の一日に必要なタンパク質は6 …
  • ピアノと絵とバスケと歌ができるん …
  • カナダ出身の有望株、R.J・バレ …
  • NBA選手の金銭感覚 …
  • マギーを超える逸材が出てきたかも …
  • 【NBA】ザイオン君、軽々とレー …
  • 【祝】ジョージ・ヒルが結婚【NB …
  • 義兄がランクルっていう車くれるら …
  • 【悲報】コンクリ事件の犯人(現在 …
  • 初めて天下一品きてネギラーメン頼 …
  • 【悲報】大阪桐蔭のメンバーがヤバ …
  • 江戸時代の居酒屋のメニューwww …
  • 会社のパートに8万払ってS○X頼 …
  • カーチャンがリース契約の車で事故 …
  • スズメバチがスズメ並みにデカい件 …
  • 【唖然】サイクリングの消費カロリ …
  • 【悲報】金足農業さん、勝ち上がっ …

  • 現代NBAは、ビッグマンでもボールハンドリングが良くアウトサイドシュートを多用します。ガードの選手でもリバウンドやブロックに積極的にアタックします。もはや、ポジションの概念がなくなり、Cプレイヤーはリング回り、Gプレイヤーはアウトサイドという定石は通用しません。

    すべてのプレイヤーが、すべてのプレイを高い精度でプレーできなければ、NBAでは生き残ってはいけない過酷なリーグとなりました。そこで、よく議論となるのが「現役最強のオールラウンダーはだれか?」というものです。

    そこで、今回は現役最強のオールラウンダーを、データをもとに決めたいと思います!

    オールラウンダーの定義

    キングオブオールラウンダーを決める前に、オールラウンダーの定義をしなければなりません。すべてのプレイを高次元でプレーできることを大前提としているので、記録されているスタッツすべてを得点(失点)に換算します。例えば、アシスト1つにおける得点期待値は○○、ターンオーバー1つにおける失点期待値は○○という形です。

    まずは、得点以外のスタッツを得点期待値に変換する必要があります。

    アシストの指数

    1アシストに対して何点期待できるか算出します。ただ、2pと3pがありますので、まずは1試合における2pと3pの構成比を出します。

    FG試投数平均-3P試投数平均=2P試投数平均
    8.97-3=5.97

    では、2Pと3Pの試投数平均が出ましたので、割合をもとに1試投当たりの得点期待値を求めると、
    2P=66%×2=1.33
    3P=34%×3=1.01
    1試投当たりの得点期待値=2.34

    となります。つまり、1アシスト当たり2.34点が加算されることになります。

    リバウンドの指数

    アシストと同じように、リバウンドの得点期待値を算出するために、まずは1試投における得点期待値を算出します。(アシストは得点することが必須条件ですので、得点期待値の計算を別でしています)

    1試投における得点期待値は、

    1試合平均得点の平均÷試投数平均
    11.1÷8.92=1.24
    となります。

    では、この1試投における得点期待値をリバウンドにかけていきます。ディフェンスリバウンドは1.24をそのままかけた数値をディフェンスリバウンドにおける得点期待値とします。オフェンスリバウンドは、得点の期待が高まる(2ndチャンス、3rdチャンスは得点する可能性が高くなる)ので、1.8を係数とします。

    スティールの指数

    リバウンドの計算で求めた1試投における得点期待値を基準に、スティールではファストブレイクの可能性が高く得点の期待が高まるので、1.5を係数とします。

    ブロックの指数

    リバウンドの計算で求めた1試投における得点期待値を基準に、ブロックでは自軍のポゼッションとなるの可能性がリバウンドよりも低いので、1を係数とします。

    ターンオーバーの指数

    リバウンドの計算で求めた1試投における得点期待値を基準に、ターンオーバーではファストブレイクでの失点の可能性が高くなり自軍への損失となるので、1.5を係数とします。

    ディフェンスの指数

    スタッツとして数値が残っている項目の計算は以上ですが、これだとディフェンスの貢献があまり考慮されていません。あまり本意ではありませんが、Real Plus MinusのDRPM(チームへのディフェンスの寄与度)をそのまま総合計に組み込みます。もちろん+であればプラス、-であればマイナスします。

    キングオブオールラウンダーの計算

    シーズンのスタッツに上記の計算を足し合わせてオールラウンダーの数値を出したいと思います。計算式は以下のようになります。

    平均得点+アシスト指数+リバウンド指数+スティール指数+ブロック指数+ディフェンス指数―ターンオーバー指数

    例えば、

    このようなスタッツを残す二人のプレイヤーがいたとします。この数値だけを見てみると、平均30得点しているA Playerのほうが優秀に見えますが、オールラウンダーの数値で計算をするとこうなります。

    オールラウンダーとして計算したARP(All Round Point ※オールラウンドポイント)は、B Playerのほうが高くなりました。要因は言わずもがな、アシスト、リバウンドの数値が高く、ターンオーバーの数値が低いので、ARPとしては逆転しました。

    これが、管理人が勝手に考えたキングオブオールラウンドプレイヤーを決めるオールラウンドポイントです。

    2017-2018シーズンのキングオブオールラウンダーは?

    さて、いよいよARPを用いたキングオブオールラウンダーを発表します。

    と思いましたが、説明だけで長くなってしまったので、また次の投稿で発表します!

    次の記事を乞うご期待!

    続き→【データで語るNBA】キングオブオールラウンダーは誰だ?2017-2018シーズン版 Part2

  • お前らってやたらイオンのこと毛嫌 …
  • 【悲報】任天堂>> …
  • 若者が投票積極的に参加しないとず …
  • パラオ「台湾とは断交しません!」 …
  • ホルモンのみ焼いてく …
  • モスバーガーうまいとか言ってた奴 …
  • 【地獄の特訓】上司2人が部下を山 …
  • 老害「昔の学校にはエアコンがなか …
  • スマイリーキクチ「ネットはトイレ …
  • 【画像】どのJKが好き? …